第103話 嘘はつけません

 さっと周囲の生徒がジョセフから離れる。ホールの中央とジョセフの間に道ができた。


 ジョセフは真っ赤なフロックコートを着ていた。銀糸の刺繍が入っている。長身のジョセフに赤色はよく似合っていた。黒い前髪を上げてうしろに撫でつけていて、いつもよりもさらに凛々しく見えた。


「なんだ、ジェフ」


 エドワードが面白そうに笑っている。これから起きることがわかっているのだ。ジョセフはそんなエドワードをにらみつけていた。


 ジョセフがミリアの肩に乗っているエドワードの手をはがす。


「ミリア」


 ジョセフがミリアの背中に腕を回した。優しくミリアを包み込む。きゃあ、と黄色い悲鳴が上がった。


「好きだ。ミリア。愛している。どうか俺と結婚してくれ。一生ミリアを守ると誓う。エドではなく、俺の手を取って欲しい」


 耳元でささやかれる求婚の言葉。


 背中がぞくぞくした。ジョセフの声はずるい。蜂蜜はちみつのように甘くとろりとしていて、思考を奪う。


 ジョセフはミリアから体を離すと、ダンスを申し込むように腰を折って手を差し出した。ミリアを見上げる顔は真剣だ。緊張もしているようだった。


「ジェフ……」


 ミリアがジョセフの名前を呼ぶ。先日ジョセフが、もう一度、と言ったのはこのことだったのだ。


「わたしもならおうか」


 エドワードがミリアの正面に立ち、手を取ると、ちゅっと指先にキスを落とした。反対の手をミリアの顔に添え、とろけるように微笑む。


 明るい緑色の目が細くなるが、その瞳の中には確かにミリアを想う熱があった。どきりとミリアの心臓が跳ねる。


「ミリィ、愛している。生涯を懸けて真実の愛を捧げると誓う。わたしと共にこの国の行く末を見守って欲しい。わたしを支えてくれ」


 そしてジョセフと同じように手を差し出した。その顔は自信に満ちあふれていた。ミリアがジョセフの手を取らないことを確信している。


「ミリィ、心からジェフを想っているのならジェフを選ぶといい。そうでないならわたしの手を取るんだ」


 ミリアはエドワードとジョセフを交互に見た。


 顔が良く、頭も良く、武術ができて、地位があり、お金があり、権力もあり、家柄もいい、性格もいい。そしてミリアの事を想ってくれている。


 それが二人。一人は王太子様。もう一人は近衛騎士になる未来が確定している伯爵令息様。


 これ以上の贅沢ぜいたくがあるだろうか。


 なのにミリアはどちらも選べない。


 顔を赤くし、鼓動はどくどくと落ち着かないが、頭はえていた。


 命令通りエドワードを選べば、王妃、それも正妃内定だ。王太子の婚約者として王妃教育が始まり、婚姻後は世継ぎを求められる。ローズと婚約破棄をしたのなら、ミリアが跡取りを産むことができれば、きっとエドワードが側妃を迎えることはない。


 ジョセフを選べば、近衛騎士の夫を持つ伯爵夫人となる。夜会やお茶会に出席し、主催することを求められる。領地の経営にも関わることになるだろう。正妃よりはずっと楽そうだ。ジョセフは言葉通り、ミリアを一生愛してくれるのではないか、とも思い始めていた。


 だがミリアは嘘をつくことになる。ジョセフの事が好きだと。ジョセフは嘘でもいいと言っていた。それでも選んで欲しいと。


 ミリアは、ジョセフと一緒にいれば、次第に好きになっていける気がしていた。ジョセフといるのは楽しい。声がすごく好きだ。抱き締められる力の強さも。ミリアを求めて止まない所だって、ジョセフを好きになれば嬉しく思うだろう。


 ジョセフが好きだと嘘をついて、ジョセフの手を取るのが最適解だ。それほどに王妃にはなりたくない。それはこの半年間の目標でもあった。


 だけど――


 ミリアは胸に手をあてた。ミリアはアルフォンスが好きなのだ。アルフォンスはどこかでミリアのことを見ている。その前で、嘘をついてジョセフを選ぶのは嫌だ。


 ミリアがエドワードへと手を伸ばす。エドワードが嬉しそうに笑った。


 だが、ミリアの手がエドワードに重なる前に、割って入った言葉があった。


「――よかった。間に合った」


 みなの視線が、一斉にホールの入り口へと向かう。


 そこにいたのはギルバートだった。その後ろにはアルフォンスがいる。


 人垣がまたさっと割れ、ギルバートがアルフォンスを従えて中央へと進み出る。


 ギルバートが身につけていたのは、エドワードと同じ深い緑色の上着だった。前身頃のたけが短いテールコートだ。生地きじよりも明るい緑色の刺繍が控えめに入っていた。歩を進めるたびに、さらりと肩丈のブロンドが揺れて、シャンデリアの光を反射する。


 アルフォンスは紺色のフロックコート。銀色の髪がよくえる。刺繍も銀色。前髪を後ろに撫でつけていて、整った顔立ちがよく見えた。まっすぐに背を伸ばし、お手本の様な足取りで近づいてくる。


 ミリアはその姿を見ているだけでときめいていた。かっこいい。この場にいる誰よりも。女性を含めても、アルフォンス以上に美しい人をミリアは知らなかった。


「兄上。遅かったですね」

「ちょっと忙しくてね。――それで、エドがローズ・ハロルドに婚約破棄を言い渡して、ミリアに求婚したところかな。そこにユーフェンが割って入ったと」

「そのようですね」


 アルフォンスがうなずく。


「エド、僕は早まるなと言ったはずだよ」

「早まったつもりはありません」

「そうかな。でもせっかくの機会だ。僕も参加するとしよう」


 そう言うと、ギルバートはミリアの前に立ち、両手を取った。


「兄上? 何を――」


 ギルバートがミリアの額と自分の額を合わせる。エドワードよりもさらに淡い緑の瞳がミリアを捕らえた。ふわりと香るのは、落ち着いたギルバートの匂いだ。


 もはや悲鳴もざわめきも起こらなかった。ホールは、しん、と静まり返っている。


「ミリア、もう一度だけ求婚することを許して欲しい。好きなんだ。一緒にエドを支えたいという気持ちはあるけど、それよりもミリアに側にいて欲しい。これからもミリアと穏やかな時間を過ごしていきたい。僕の想いを受け入れてくれない?」


 ギルバートはミリアから離れると、腰を折ってミリアに手を差し出した。


 エドワードとジョセフは棒立ちになって茫然ぼうぜんとしている。


「ギルバート殿下、先にこちらを」


 静寂を破ったのはアルフォンスだった。


「カリアード、水を差すなよ。ミリアが僕を選んでくれたかもしれないだろう?」

「こちらが先決です」

「融通が利かないな」


 ギルバートは体を起こして頭を振った。


 その仕草に、はっとエドワードが我に返る。


「あ、兄上? どういうことですか? 兄上がミリアに求婚……? 冗談にしてはたちが悪すぎます」

「冗談なわけないだろう。僕もミリアが好きなんだ」


 ギルバートは憮然ぶぜんとして言った。


「そんな……!」

「僕に譲ってくれない?」

「それはできません!」

「まあ、選ぶのはミリアだからね」


 ギルバートは肩をすくめた。


「さて。カリアードがうるさいから、先にこちらを片づけてしまおう。エド、ローズ・ハロルドとの婚約を破棄した理由は?」

「ハロルド侯爵がスタイン商会をおとしいれ、ローズ・ハロルドがミリアを階段から突き落としたからです。兄上もご存知でしょう」


 エドワードがギルバートを責めるような口調で言った。


「ローズ・ハロルド、釈明を」

「はい、ギルバート殿下」


 ローズは大きくうなずいて、一歩前に進み出た。


「ミリア様が階段から突き落とされたというのは、昼休みでお間違いございませんか?」

「そうだ。その日そなたはミリアが目撃したというクリーム色のドレスを着ていて、昼休みは誰とも共にいなかった。動向が知れないのはそなただけだ」

「ええそうですわね。わたくしはクリーム色のドレスを着ておりました。そして、昼休みは確かにどの方とも一緒に過ごしておりません。なぜならわたくしはその日その時間――王宮にいたのですから」

「な!?」


 エドワードが驚きの声を上げる。一方のミリアは動じていなかった。ローズの自信たっぷりな口調から読めていたからだ。どこにいたにしろ、確固たるアリバイがあるのだとわかっていた。


 そもそもこれは悪役令嬢のお話なのだ。反撃ざまぁは用意されていて当然だった。


「お父様に呼ばれて執務室に行っておりました。お父様も部下の方々もご存知ですし、王宮の中ではたくさんの方とすれ違いました。どうぞお調べ下さい」

「僕が調べた。確かだよ、エド」

「で、では、誰がやったのだ!」

「それをわたくしに聞かれても困ります。わたくしは自分ではないことを証明することしかできませんわ」


 正論だった。


「も、もしローズ・ハロルドの仕業しわざでなくとも、ハロルド侯爵の罪がある。侯爵家と王家が縁を結ぶわけにはいかない」

「それもね、違うんだよ、エド。ハロルド侯爵の罪も冤罪えんざいだったんだ」

「兄上!?」

「だから早まるな、と言ったんだ。ここに調査の結果がある」


 ギルバートはため息をつき、アルフォンスから書類の束を受け取ってエドワードに渡した。


 エドワードが目を通しながら次々とめくっていく。


「そんな……馬鹿な……!」

「証人を一人呼んでいるから、誰が犯人か直接聞こうか」


 ギルバートが手を振ると、ホールの入り口横に待機していた騎士が扉を開けた。入ってきたのは、なんとアニーだった。


「アニー!?」


 騎士に拘束されたアニーは、ミリアを見て瞳に憎悪の炎を宿らせた。


「あんたなんか死ねばいい!」


 ミリアはびくりと体を震わせた。赤い髪を振り乱したアニーはそれほどの迫力だった。だが、ミリアにはそこまで憎まれる覚えがない。


「アニー、許可なく口を開くなと言われなかったのかい? 君を呼んだのはミリアに暴言を吐かせるためではないんだ」


 アニーは顔をしかめたが、大人しく口を閉じた。


「この女は、ミリアの侍女として学園に滞在していた。その間に偽の証拠をミリアの部屋に置き、奴隷売買の罪をかぶせた。さあ、アニー、君にそれを命じたのは誰だい? この中にいるはずだよ。見つけたら減刑を考慮しよう」


 ギルバートの言葉に、大きなざわめきが起こった。


 ミリア・スタインを貶め、冤罪えんざいをかけようとした生徒が自分たちの中にいる。王太子エドワード伯爵令息ジョセフ、そして第一王子ギルバートにさえ求婚されたミリア・スタインに。


「あの女だ!」


 ホール見回したアニーが一点を指さす。


 その方向にいた生徒達が、自分ではない、という顔をしてアニーの視線から逃げた。


 残ったのは一人の令嬢。



 マリアンヌだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る