高嶺の花の高嶺さんに好かれまして。

作者 桜庭かなめ