出版社の営業サラリーマン、モテ期?到来!~7人のヒロインと冴えない童顔くん~

月野 灯花莉

序章~冴えないリーマンと恋のキューピッド天使様~

とある出版社しゅっぱんしゃつとめる28歳のわかきサラリーマン"鈍蔵なまくら 露利つゆり"は仕事しごとおわりになか同僚どうりょう後輩こうはい居酒屋いざかやいしていた


田中たなか高良たから~、オレってなんでモテないんだ?やっぱりがダサいからか…?」

すると左隣ひだりどなりにいる同僚が

「鈍蔵は真面目まじめちゃんだからモテないんじゃないか?」と見た目がいまどきのチャラった


すかさず右隣みぎどなりにいた後輩が

露利つゆり先輩せんぱいは真面目ですし健気けなげなのでモテないなんてことありません!

メガネを外してよく見たら可愛かわいいしボクがフリーならねらってましたよ」とニコッと天使てんしのような笑顔えがおでこちらを見つめながら言った


オレ彼女かのじょほしいなぁ…、どうしたら出来できるとう?」


田中は「ながぼしねがごとをするとまれ異世界いせかいから天使てんしかなえてくれるってうやさいたんだけど…」と自信じしんなさげにこたえた


「田中先輩、それ本当ほんとうなんですか?

ボクはインキュバスのまれわりだしゲイなのできつけのゲイバーにでもけば沢山たくさんいるしえら放題ほうだいなんで興味きょうみないんですけどね」


「おまえなぁ…

ゲイだから選び放題じゃないんだよ。

でもお前さ、彼氏かれしいんだろ?浮気うわきするなよw」

「彼氏じゃなくてセフレですよ~~」と高良はぷくっとふくれたかおをした


「まぁいいじゃないか。高良の男性好だんせいずきはいまはじまったことじゃないだろ?

個性こせいなんだからバカにしちゃダメだぞ~、というわけオレは田中のうわさしんじてやってみることにするよ」


そしてかえみちそら見上みあげると流れ星がながれていた


露利は流れ星に向かってこころなかで""そうねがった瞬間しゅんかん、空から背中せなか羽根はねあたまうえには黄色きいろっかがいていて着物きものおんなあらわれ「其方そなたの願い叶えてあげましょう!」と言った


「あんた…もしかしてキューピッド?

オレの願い本当に叶えてくれるのか!?

だったら今すぐオレに彼女をつくってくれ」


そうさけんだ途端とたん、天使は露利に「わかりました、では失礼しつれいします!」と言い

オレむねにハートのいたはなった


すると露利からホワホワしたピンクのひかりてきてまわりに女性じょせいたちが露利に言いってきた


「君かわいいね!わたしと今夜こんやどう?」

女性たちのこえに露利はあたふたしながら「い、いえ…オレいそがしいので失礼します!(汗)」とあわてながらはしってげた


そして女性たちからのがれたさきにいた天使に「おい!お前のせいか!なんとかしてくれよ(泣)」くずちながらそう言ったが天使は「解除アンロックできないよ~、だってきみのぞんだんでしょ?""って」空にきながら言う


「言ったけどこんなやりかたじゃ…出来できてもうれしくない(泣)」

きながら叫んだ

すると天使は「だから無理むりなので彼女、作るの頑張がんばってね~」

そう言いのこしてそのから空へとんでってしまった…


そこへおさななじみの亜須奈あすなとおりがかり「あれ?なんでこんな所ですわってるの?」

「えっ…?亜須奈?なんで…ここに?」

「なんでってアタシ近場ちかばかい参加さんしてたんだよ。なにがあったのかはなして?」

亜須奈が来たことでえないリーマンのオレが彼女をつくるというにもずかしいチャレンジが開幕かいまくした

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る