婚約破棄するなんていい度胸しているじゃないの

RARUTI

第1話 いい度胸ね

私には長年連れ添ってきた恋人がいるのですけれど、

その恋人とはいつもデートするとイチャイチャしてて

本当に良い関係なんです。


その恋人とは婚約しているんですが、婚約自体は

悪くないと思います。


しかし、婚約がなかった事になるのが怖いので

とても心配しているのです。


そんなある日、私の元へ圭太が来るとお話があってこっちに

来たというらしいけど、どんなお話なのでしょうか。


とりあえず、上がってもらって私のお部屋でお話しようかなって

思います。


私のお部屋の中へ到着すると、私は内側から鍵をかけて誰も中へ

入って来れないように致します。


「圭太、お話って何?」


「その前に1ついいか」


「うん」


「俺がサラリーマンで琴音がご令嬢なんだが、身分違いだよな」


「そうだね」


「それが問題なんだよな」


「どういう事なの?」


「身分違いって事はお金目当てで琴音と婚約すると思われている」


「そんな事はないって」


「実際にあるんだよ」


「圭太は気にしすぎよ」


「お前に何がわかるんだよ」


「そんな…………そこまで言わなくてもいいのに…………」


「悪いな、言い過ぎた」


圭太は私との婚約をどうにかしたいと思っているのかな。


もしそうだとしたら、私はどうすればいいのかがわかりません。


どっちにしても婚約の件は圭太次第になりそうな感じがします。


「圭太はどうしたいの?」


「婚約破棄したい」


「そうなんだ」


「婚約破棄してもいいのか?」


「う~ん、困るけど、どうしようかなって感じだよ」


「本当に婚約破棄してもいいならしたい」


「わかったよ、婚約破棄は認めるね」


「本当にすまない」


「ううん、圭太がつらそうにしているのを私は見てられない」


「本当にすまない」


「謝らないで」


「せっかく婚約の件が順調に進んでいたのに台無しだな」


「まぁ、しょうがないよ」


「それもそうか」


「これで圭太とは終わりになるけれど、これからはそれぞれ

別の道で幸せになればいいと思うよ」


「そうだよな」


「うん」


私と圭太は別れるとそれぞれ別の道を歩む事になる。


圭太は圭太で幸せを探すというか、違う異性とお付き合い

するだろうし、私は私で恋愛はしばらく致しません。


今回の事で恋愛には苦労させられているのでもういいかなって感じです。


婚約しといて婚約破棄されるとつらいというか、苦しいというか、

今までの恋愛は何だのかなってなるので嫌でした。


それも今回限りで十分かなと思います。


次の恋愛はいつになるのかは知りませんが、幸せは必ず手に入れます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

婚約破棄するなんていい度胸しているじゃないの RARUTI @takutaku2019

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ