【完結】クラスの双子と家族になりました。~俺のタメにハーレム作るとか言ってるんだがどうすればいい?~

あゆう亞悠

プロローグ

 俺のクラスには双子がいる。

 姉の方は、中村紗雪なかむらさゆき

 157cmの身長に明るい茶色に染めた髪を肩口で揃え、右側のサイドテールを可愛らしい柄物のシュシュでまとめ、軽くアクセサリーなんか付けて制服を着崩し、クリッとした目をしたクラスのイケてる上位グループとイケてる話で盛り上がる胸がさみしい女。これで頭いいんだから嫌になる。


 妹の方は、中村雪花なかむらせつか

 161cmの身長でこちらも目は大きくクリッっとした背中の中程まである黒髪ストレートで制服もキッチリ、なんなら前髪もキッチリ揃えまさに清楚の見本の様なルックスだ。ちなみに胸は寂しくない。むしろ盛り上がってにぎやかなすぎる。

 いつも机に伏せている。なんなら授業中も伏せている。てか、寝てるだろコイツ。だから見た目の割に頭悪いんだ。



 で、俺が橋本悠聖はしもとゆうせい

 地味でオタクだけど、コミュ症ではないし、友達もそれなりにいる。趣味は料理。これは俺の家庭環境のせいでもあるんだけどそのへんはおいおいに。

 背は178cmで髪型もとくに意識しないし、伸ばしたまんまの前髪が目にかかってるけど、前髪あげたら実はイケメン!なんてこともない。ホントにない……なんでないの?

 目元隠れてると相手に目線がばれにくいのっていいよな?で、勉強の方は中の上くらい。

 ここまでならよくラノベにあるよーな人間関係だけど、俺は違う。

 なぜなら俺はすでに彼女がいる。

 双子の妹の方と付き合っております。

 いや、付き合ってもらってます?これも違うな……付き合わされております?

 これは何も知らない人からすれば付き合ってるように見えますが正しいのか?


 まぁ、細かい事はいいさ。話は俺が雪花から呼び出された時から始まる──。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る