第44話 進撃の毒魔物軍団

「うひゃぁ、攻めて来たよ! アユト君、大丈夫!?」

「わかんないよ! でも、戦わなきゃ!! ケリッツはしゃがんだりしといて!」

「う、うん。頑張って!!」


 2人がそんなやり取りをしてる最中も、紫色の毒魔物軍団は気合十分で前進し続けている。

 結局、歩斗サイドの作戦はなにひとつ決まることのないままバトル再開。


「スララス行くよ!」

「はイムッ!!」


 歩斗は頼れる相棒と共に気合を入れ直し、弓矢を構えた。

 突進してくる10体の中でも群を抜いたスピードで攻撃してきたのは……鳥タイプの魔物!


「さっきスララスに弾かれたヤツ!? もう元気になったのか……って、ちょっと違う??」


 よく見ると、最初の鳥より一回り大きい。

 まるで急下降するツバメのように翼を閉じて体を細くし、鮮やかな紫色した鋭いクチバシの先端を歩斗に向けたまま猛烈な勢いで攻撃を仕掛けてきた。


「イムイムゥ!!」


 ここだ、とばかりに絶妙なタイミングでジャンプするスララス。


「チッ! オトウトをやった奴かロウ!!」

「スララス!!」


 その身を盾とし、自分を守ってくれようとする相棒の背中に声を掛ける歩斗。

 毒ツバメ魔物はそのまま構わずスララスに向かって体当たりするが、さっきと同じようにボヨヨンで撃退……できない!?

 毒ツバメ魔物の体がスララスにめり込んだまま止まってしまった。


「くそぉ!」


 てっきりスララスがやられてしまったと思った歩斗は、回復させるためその背中に向かって矢を放とうとした……のだが、すんでの所で重要なポイントに気付く。

 そう、スララスの体からダメージを表す数字煙が出ていないのだ。


「イムイムゥ……えイムッ!!」


 力強いかけ声に合わせてスララスの体がボヨンと膨らみ、毒ツバメ魔物の体が思いきりはじけ飛んだ。

 そして、その後ろから突進して来ていた魔物軍団の群れに向かっていき、ヒョロッとした細長い魔物の体と激突。

 図らずもカウンターアタックとなり、『24』の赤い数字煙が出ると細長い魔物の体はスーッと消え、代わりに宝箱が出現した。


「よっしゃ! スララスやるぅ!!」

「えへへイム~。たまたま上手く行っちゃったイムぅ~!」


 スラハイタッチをする歩斗とスララス、その後ろの方から「お見事~!!」とケリッツの声が飛ぶ。

 ……が、歩斗が何かに気付き、「あっ!!」と叫んだ。


「イムゥ?」


 と不思議がるスララスの体から紫色の数字煙『1』がボッと出た。

 毒ツバメの奴が接触した瞬間、毒攻撃を仕掛けていたのだ。


「やばっ」


 歩斗が呟くのと同時にまたもや『1』の紫数字。

 スララスも「イムイムゥ……」と不安げな顔で体を震わし始める。

 このペースでHPが減り続ければ、スララスがやられてしまうのは時間の問題。

 とにかくこれで……歩斗が回復の弓矢を構えようとした途端、矢よりも早く後ろから声が飛んできた。


「スラちゃん、それ! ハートの草を食べて!!」


 ケリッツのアドバイスに従い、スララスはちょうど歩斗の足下に生えていた毒消し草へと倒れ込み、そのままモグモグ食べた。

 すると、毒多島産の毒消し草の品質を証明するかのように、スララスの体から出続けていた紫色の数字煙がピタッと止んだ。


「良かった~。ケリッツありがとう!」

「ありがとうございますイム!!」


 歩斗たちは胸をなで下ろしながら、背後のケリッツに向かって感謝の言葉を投げかけた。 一方、仲間がやられ一瞬動きを止める毒魔物軍団だったが、その中から真っ先に動き出し、空中に飛び上がったのはボヨヨン攻撃でやられたばかりの毒ツバメ魔物。


「チッ、毒消し草を使ったのかロウ。だったらそんな暇もないぐらい攻撃するのみだロウ! 行け行け行けロウ!!」


 仲間たちの士気を高めるように叫ぶと、鋭いクチバシをキュッと閉じて歩斗たちの方に向けた。

 再び動き出す魔物の群れ。

 1体減ったとはいえ、まだ残り9体。

 しかも仲間がやられた事で火を着けてしまったのか、これまでよりその勢いは増している。


「スララス、まだまだ油断出来ないよ!」

「はイム!」


 歩斗たちにとって救いなのは、相手が大勢なわりに同じ方向から固まって来てくれる……と、その時。

 9体のうち、スライムみたいな奴とニョロニョロした奴とキャベツみたいな形の魔物が歩斗たちの左側に、長細い布みたいな魔物とカニみたいなのとサングラスをかけたモグラみたいな奴が右側に回り込んできた。

 正面からは毒ツバメ魔物と最初に迎撃した鳥の奴と円盤みたいな奴、つまり3体×3チームに分かれて3方向から歩斗たちを囲んで追い込むという作戦。

 最初からそうするつもりだったのか、仲間がやられて警戒心を強めた結果なのかは分からないが、多勢を活かしたその作戦が歩斗たちを崖っぷちに追い込んだ事は間違い無い。


「ちょっ、いきなりそんな事してくるなんて……!」

「イ、イムイムゥ……!」


 歩斗が少しずつズズズと後ずさりするのに合わせて、スララスもボユボユと小刻みに体をくねらせながら後退していく。


「アユト君、スラちゃん、だ、大丈夫??」


 気付くと、心配してくれるケリッツの声がすぐ後ろから聞こえる所まで来ていた。

 歩斗は弓を持つ手に力を込めながら、左、前、右、と視線を移して行く。

 例えば、相手が大勢いるとしても全部同じ種類の魔物だとしたら、動きのパターンを読んだりなど何かしら攻略する手立てを見出して打開する事が出来たかもしれない。


「これ、ホントに『難易度E』なの……!?」


 魔法陣に添えられていた言葉を思い出して愚痴をこぼす歩斗。

 9種類の9体は厳しいよぉ~、と言わんばかりにスララスも「きつイムゥ~」とため息を漏らす。

 その間も、毒魔物軍団はジリジリと間合いを詰めてくる。

 ただ、圧倒的に数が多いにも関わらず一気に攻め込んでこない所を見ると、あちらさんも今までの流れから歩斗たちを警戒しているのかも知れない。


「ねえねえ、アユト君……」


 すぐ後ろに居るケリッツが小声で話しかけてきた。


「なに? 頑張って一緒に戦ってくれるの??」

「も、もう、そんなこと言わないでよぉ~。僕なんてバトルしたら一瞬でやられちゃうからそれは無理だけど、この島へ来る前に色々と学んできたんだよ。出没する可能性のある魔物たちについてもね……!」

「おお! 教えて教えて!」


 敵に囲まれて曇りかけていた歩斗の目に、一筋の光明が差した。


「うん。魔物図鑑とかで調べたことを思い出してみたんだけどね、あの9体のうち特に強いのは毒ツバメ、毒ヘビ、毒キャベツ、毒円盤の4体。つまり……」

「右側の3体は弱いのばかり……ってこと!?」

「そうそう! だからこっちから攻めるとしたら……」

「まず右の3体! わかったありがとうケリッツ!」

「うん! アユト君、スラちゃんがんば! ってことで、僕はもうちょっと安全な場所へ……」


 ケリッツは腹ばいのままズリズリと後ずさりし、生い茂る草の中へと姿を消した。


「スララス、いまの聞いてた?」

「はイム! 相手にバレないうちに早速攻めるですイム!!」

「おう! よし行くよ!!」


 歩斗たちは右の3体、毒布と毒ガニと毒モグラの魔物をロックオン。


「おりゃぁぁぁぁ!」

「イムイムゥゥゥ!!」


 と、気合のこもった雄叫びを上げながら勢いよく走り出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます