第43話 ハート型の毒消し草とケリッツ

 現代世界にも“毒”は存在するが、この異世界における“毒”の場合その性質は少々違いがある。

 毒に感染し“毒状態”になると体が弱っていく……という点は同じだが、現代世界の場合その症状は赤く腫れたり斑点が出たり、熱が出たりお腹を壊したりと多岐にわたるのとは違い、こっちの世界では“紫色の数字煙が出てHPがどんどん減っていく”という一点のみ。

 毒の種類によって数字の大きさや煙の出る間隔、出続ける時間に違いがあるものの、薬草や回復魔法などでHPを増やさなければ命に関わるという点は共通している(それに関しては現代世界の毒も同じ)。

 毒は安静にして一定時間経過すれば自然と消滅するケースがほとんどだが、毒消し草や毒消し魔法を早く使うに越したことはない。

 ただ、中にはそれらを使っても治らない恐ろしい猛毒もあったりする……と、ユセリから教えて貰った時、歩斗は「ひぃぃぃ!」と心から悲鳴をあげたものだが、いま目の前に居る青年の家族がその状態だと聞いて、さらにその恐ろしさが現実味を帯びていた。


「あっ、ごめんね! 初めて会った相手……しかも、君みたいな子供にこんな話しちゃって」


 青年は申し訳なさそうに微笑んだ。

 歩斗は、そんな謝らないで、とばかりに全力でブルブルと顔を横に振りまくった。

 それに合わせて足下のスララスもブルブルと体を振り続ける。


「そんじゃ、とにかく毒消し草がいっぱい必要ってこと?」

「そだね! 両手いっぱいに抱えて持ち帰るつもりだったんだけど……」


 作戦会議に熱のこもる魔物の群れを見やりながら苦笑いする青年。


「だったら、ボクと同じだね!」

「えっ? どういうこと??」

「とにかくあの魔物を全部倒せば良いってことでしょっ!」


 歩斗はニヒヒと笑いながら右左とワンツーパンチをして見せた。


「頑張りますイム!!」

 

 スララスも負けじと右左と肩(?)でワンツーパンチを繰り出す。


「……そだね! あっ、遅れちゃったけど僕の名前はケリッツ。今さらだけどよろしくね!」

「おう! ボクは歩斗。よろしくぅ~! あっ、こいつはスララス!」

「イムイムゥ!」


 ペコリとトンガリ頭を下げるスララス。


「どうも! って、アユト君はスライムさんと旅してるの?」

「いや、旅じゃなくて魔法陣なんちゃらの途中で……と、とにかく、今はアイツらを倒す作戦を練らないと!」


 まだこの状況について完全に把握しきれていない歩斗は微妙にごまかしつつ、自分なりにどう戦えば良いか考えてみることにした。


 相手は10体の魔物。

 鳥の奴はスララスのボヨヨン攻撃ではじき返せたものの、まだ姿が消えてないのはつまり倒せたわけではないということ。

 集団で行動してるってことは個々のレベルはそれほど高くないのだろうが、問題はその数。

 常にタイマン勝負でやらしてくれるなら、スララスの攻撃と歩斗の回復連携プレイで勝てる見込みは十分あるが、下手にスララスの強さを見せてしまった以上、今度は一気に10体まとめて来る可能性は十二分になる。

 となると、こっちもこっちで協力プレイしたいところだが……。


「ねえ、ケリッツは強いの?」


 素朴な疑問をぶつける歩斗。


「あっ……いや、恥ずかしながらバトルに関しては素人中の素人で」


 ケリッツはハハハと乾いた笑い声を上げながらポリポリと頭をかいた。


「えー、そんなんで良くこの島に来たね」


 ある意味ピリッと毒の効いた素朴な疑問をぶつける歩斗。

 

「まあ、そう思われても仕方無いよねぇ……。でも、昼間であれば魔物が出る事はあまり無いって聞いてたんだよ? なのにまさか、あんなに沢山の魔物が居るなんて……しかも、バリバリ毒系のやつばっかり──」

「えっ? 毒? やっぱりあれ毒系なんだ……!」


 どれもこれもまさに毒々しい紫色の魔物たち。

 何となくそうかなと思っていた歩斗だったが、ハッキリと言われて少し怖じ気づいてしまう。


「あっでもね、僕が言うのも何だけどそんなに怖がることはないと思うよ!」

「そーなの?」

「うん。だってほら、見える範囲でもそこら中に毒消し草が生えてるから!」


 ケリッツはキラキラと目を輝かせながら両手を大きく広げた。

 しかし、いまいちピンと来ない歩斗。


「あっ、いまスラちゃんが居るそこ! ほらハートの形したそれそれ!」

「イムッ!?」


 スララスは急にハイテンションで指差てビクッと体を震わせた。


「……あっ、これ? え~、これが毒消し草なの??」


 歩斗はその場にしゃがみ込み、ジーッと地面に生えてる草を眺めてみた。

 確かにケリッツの言うとおり、スララスのすぐ目の前に綺麗なハートの形をした草が生えている。

 そこから漂ってるのかどうか分からないが、レモンに似た柑橘系の爽やかな匂いがして、何となく気持ちが安らぐような癒やされるような気持ちになる歩斗。


「そんじゃ、これを摘んどけば毒攻撃を受けても安心ってこと?」

「そうそう! ここ毒多島の毒消し草は高品質で有名だからね。ちょっとやそっとの毒なら口にパクッでケロッと治るはずだよ!」


 正直、ケリッツがバトルの素人だと聞いてがっかりしていた歩斗であったが、その代わり知識が豊富そうだと分かって心強く感じていた。

 すると、気持ちが落ち着いてきた事で、根本的な疑問がふと脳裏に浮かんだ。


「そーいえば、ここってどこ?」

「えっ? だから毒多島……」

「あっ、そうじゃなくて。えっと、ボクが住んでるのはニホ……ロフミリアっていう所から来たんだけど、同じ世界なのかなぁって」


 自分で口にしながら少し混乱しかける歩斗。

 要するに、歩斗が元々生まれ育ったのは日本。

 なぜか自宅の半分が転移して行き来出るようになったのが異世界ロフミリア。

 そのロフミリアにある謎の塔から魔法陣の力で転移してきたこの場所は、果たして同じ世界なのか。

 それとも、また別の世界に来てしまったのか。


「ロフミリア? 聞いたことが……あっ、もしかして海のずっと向こうにある幻の──」


 ケリッツの口からとても気になる言葉が飛び出しそうになった途端。

 歩斗は背後から殺気のようなものを感じてとっさに振り向いた。


「うわっ! やばっ!!」


 作戦会議の結果、『とにかく全員で一斉に攻め込もう!』とでも決まったのか、まさに10体の魔物が一斉に2人の元へと押し寄せて来た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます