第25話 塔のボス

 その魔物は、今までのヤツらと違ってジッと黙ったまま優衣の姿を見据えていた。

 見た目も異質で、三日月のような形の体に手足は無く、小さな二つの目の下に鼻も口も無い。

 とにかく、感情の無い目がジッと優衣を捉えて離さなかった。


「ちょ、ちょっとロフニス……!」


 優衣はしゃがんだ体勢のまま、気を失って倒れているロフニスの体をそっと揺らしてみたが、全く反応は無い。

 その間も、三日月の魔物は相変わらず優衣をジッと睨み付けている。

 下の階で遭遇した魔物とは一線を画している雰囲気、そしてここが最上階だという状況も相まって、そこはかとないを醸しだしていた。

 このままジッとしていたところで、自分もロフニスのように瞬殺されてしまうのは時間の問題だと悟った優衣は、すくっと立ち上がった。

 そして背中の鞘からピンクゴールドの剣を抜き、両手で構える。


「……ムゥン」


 三日月の魔物が初めて声を発した。

 口は無いが、ニヤリと笑ったように見えた。

 とても強そうで恐ろしげな相手だが、優衣には自信がある。

 レベル4と言う名の自信が。

 そして、2階の魔物を瞬殺したという手応えがまだ残っている両手で剣の柄をギュッと握り直し、


「うおぉぉ!」


 と、気合いを口から吐き出しながら猛然と魔物に向かって駆け出した。

 いま、優衣が繰り出せる技は一つ。

 三日月の魔物に向かって剣を振り上げ、そして振り下ろすのみ!

 そんな単純な攻撃が見事にヒット……せず。

 三日月の魔物は、目にも止まらぬ早さで体を左の方へとスライドさせ、余裕の表情で優衣の刃をかわした。


 カツンッ!


 勢い余った剣先が、床にあたって甲高い悲鳴を上げた。

 

「いてててっ! もう、なんでよけんの!!」


 魔物に向かって威勢良くいちゃもんをつける優衣、その手はジーンとしびれていた。

 床を叩いてしまった衝撃が抜けず、剣を落とさないように持っているのがやっとの状態。

 手練れの魔物がそれを見逃すわけもなく、隙ありとばかりに飛びかかって……は来なかった。

 意外にも優衣のいちゃもんが少し効いてるのか、唯一のパーツである目をパチクリとさせているだけ。

 とは言え、優衣の危機感は全く消えていない。

 ロフニスを倒した時といい、今の動き時といい、この魔物はとにかくもの凄い俊敏性の持ち主で、優衣のノーマル攻撃が当たりそうな気配は全く無かった。


「んんん……なんかないかなんか……」


 どう考えても大ピンチの状況だったが、直樹と香織のどっちに似たのか負けず嫌いな性格の優衣は諦めるなんてことは露ほども考えること無く、小さな体で何とか打開策を絞りだそうとしていた。

 その様子を、対峙している魔物はまさに夜空に浮かぶ三日月のようにどんと構えて見ている。

 まるで、自分を倒せる方法があるなら見せてもらおうか、とでも思っているかのよう。

 仮に戦い慣れた戦士だったとしたら、その素振りから格の違いを思い知り、剣を置いたかもしれない。

 しかし、初心者剣士だからこそ、優衣の頭は柔軟性に富んでいた。


「そうだ! アレだ!」


 優衣はそう言ってニヤッと笑った。

 敵の前でそんな顔してそんな言葉を発したら、良策を思いついたことがバレバレ過ぎて、実行に移す前にやられてしまうのがオチなはず。

 しかし、あまりにも格が違いすぎるが故に、魔物は油断していた。

 優衣がサササッとすり足で倒れたロフニスに近づいて行くのも黙って見ている。

 

「たしかこの中に……」


 優衣はしゃがみ込んでロフニスのポケットに手を突っ込んだ。

 ここでロフニスが目を覚ましたりなんかしたら、色んな意味で焦ってしまっただろうが、幸か不幸かまだ気を失ったままだった。


「おっ、あったあった!」


 優衣は敵が聞いていようがお構いなしに何でも口に出すスタイルで、ロフニスがポケットにしまっていた魔烈の実を掴んで取りだした。

 剣だけじゃ通用しないなら魔法の力を借りる、というシンプルながら合理的な優衣の打開策。

 ただ、あの時なぜロフニスが優衣に渡さずに自分の手元に置いておいたのかと言ったら、その実の中に封じ込められている魔法がどんなものか分からなかったからなのだが……


「ほら、くらえ!」


 優衣はためらうことなく魔烈の実を目の前の魔物……ではなく、魔物が立っている床に向かって投げつけた。

 と言うのも、優衣は少し前にテレビでコンビニ強盗のニュースを見たのを思い出していた。

 逃げる犯人を店員が追いかける際、カラーボールを投げつけて特殊な染料を相手の服や靴の裏に付着させたことが逮捕に繋がった……というアナウンサーの言葉がふと頭に思い浮かんだのだ。

 野球のピッチャーならともかく、素人のコントロールなんてたかが知れてるため、動く犯人の体にボールを当てるのは至難の業だから足下の地面を狙うべき、と言っていたことも。

 結果、相手が油断していたからか、優衣のコントロールがピッチャー並みだったのかは分からないが、魔烈の実は見事に魔物の足下の床に当たってパンッと弾けた。

 モヤッとした青白い煙が、魔物の体を包み込んだ。


「……ム……ムゥン!」


 三日月の魔物は、明らかに困惑していた。

 怪しげな青白い煙から抜けだそうとしてるのだが、まるでスローモーションのようにゆっくりとした動きだった。


「……ドンヌル! 魔法の正体はドンヌルだ!!」


 そう叫んだのはロフニスだった。

 どうやら、魔烈の実が弾ける音で目を覚ましたようだ。

 

「あっ、ロフニス大丈夫!?」

「う、うん、なんとか……って、チャンスだよチャンス! ドンヌルは相手の素早さを奪う魔法だから!」

「えっ、マジ? バッチリすぎるじゃん! よっしゃ!」


 優衣は再び両手でピンクゴールドの剣を構えた。

 まるで海の中を歩いているようにゆっくりと動く魔物に駆け寄るや否や、思いきり剣を振り下ろす。


「ムゥゥゥゥン!!!」


 断末魔の叫び。

 そして、飛び出した『23』の煙とともにスーッと姿を消した。

 

 チャリンッ


 気持ちの良い音を立てながら床に落ちたのは、1枚の金貨。


「ちぇっ、宝箱じゃなかった」


 魔烈の実に味を占めた優衣だったが、愚痴りながらもしっかり金貨を拾った。

 

「おお! 凄いやユイ!」


 背後から聞こえたロフニスの褒め言葉に対し、優衣は振り向きながら「へへへっ」とはにかんで見せた。

 

「ホント、よくアイツ倒したね。メチャメチャ強そうだったけど……って、おかしいな。だとしたら経験値がたんまり貰えるはずだけど……」


 ロフニスが言いかけた所で、


 ズッチャ、ズッチャ。

 シャン、シャン、シャン♪

 ズッチャチャ、ズチャチャ。

 ギュイン、ギュイン、ギュイイイイン♪


 と、お馴染みの賑やかな音楽が鳴り響きだした。

 祝いの相手が優衣だと気付いた音楽隊のリーダーは、


「レベル4から6にアップおめでとうございますそれじゃまた~」


 と、顔を引きつらせながら一息で言い切ると、メンバーを引き連れてさっさと帰って行ってしまった。

 レベルアップして喜ばしい場面にもかかわらず、優衣の顔はすこし不服そう。


「えっ、なんかさっきより適当じゃない? わたしの顔見てめっちゃ怯えてたし」

「ははっ。変な事言ったから警戒してるんじゃない?」

「えー、わたしってそんな怖い存在なの??」

「うーん……怖いかどうかは分からないけど、強いことは確かだよね」

「えっ、あっ、そう? えへへ」


 怖いかどうかは分からないが、単純であることは間違い無かった優衣はロフニスの言葉に満足して、レベルアップ隊の件はもう忘れていた。

 

「そうだ、それそれ! さっきロフニスなんか言いかけてたよね……?」

 

 優衣は、派手な装飾が施された"鍋"に目を向けた。


「うん。それは……伝説の錬金釜! 僕の家に代々伝わる秘宝だよ!」


 改めてその姿を確認したロフニスは、確信の表情で言い切った。

 

「おお、錬金釜!! ……って、なに?」

「えっと、そうだな……もの凄くざっくり言うと、何かを二つ入れると、不思議な力によって別の何かに変わる、っていうアイテムって感じ。これで分かるかな……?」

「うーん……何となくって感じ。なんか凄そうってことは分かったけど」


 優衣は錬金釜をマジマジと見つめた。

 10歳の女の子であり、ニホンという名の異世界からこのロフミリアにやって来て間も無い優衣に、こちらの世界にある物の真贋を見きわめる目があるわけないのだが、少なくともめちゃくちゃ昔から存在しているような雰囲気は感じ取ることができた。

 あとは、本当にこれが錬金釜ってやつかどうか確かめる簡単な方法についても。


「ねえ、じゃあ試しになんか入れてみようよ! そしたらこれが本当にその錬金釜ってやつかどうか分かるし、わたしが錬金釜ってやつがどんなものかどうかもすぐ分かるじゃん!」


 どうよこの妙案、とばかりにドヤ顔になる優衣。

 ただ、ロフニスは何故か少し渋い表情を浮かべていた。


「いや、残念ながら錬金釜の力を発揮させるためには、この釜の他にあといくつかアイテムが必要なんだよ」

「えー、そーなんだ。じゃあ、そのアイテム探しに行こうよ!」

「うん! ……って言いたいとこなんだけど、具体的にどんなアイテムが必要なのかあやふやだから、一度家に帰って調べてくるよ。たぶん少し時間かかりそうだから、この続きはまた今度、って感じかな」

「ふーん、そっか。まっ、しょうがないねー」


 優衣は少し寂しそうな表情を浮かべていたが、何か色々と疲れてることもたしかで、とりあえず家に帰って休むのも良いかなと思った。

 

「それじゃ、またね~」


 と、階段を降りようとしたその時。


「ちょっと待って! この錬金釜、ここに置きっぱなしって不安なんだけど」


 ロフニスの言葉が優衣の足を止めさせた。


「えっ? 大丈夫じゃない、もう魔物は居なさそうだし。っていうか、ロフニスが持って帰るんだって思ってたんだけど」

「うん、まあ本当だったらそれが一番良いんだけどね。実は、ここに来る事も親には内緒で、その上ここで見つけた錬金釜を勝手に持ち出したりなんかしたら怒鳴られるだけじゃすまないんじゃないかなぁ……って」


 ロフニスは気まずそうに答えた。

 

「えっ、もしかしてロフニスんちって……めちゃくちゃ厳しいの?」


 優衣は、可愛そうに……といった憐れみにも似た表情を浮かべた。


「いや、そういうんじゃ……って、まあそうかな。うん。だからさ、優衣が持って帰ってくれない?」

「うん。わかった。ウチはそんな厳しくないし……って、ええ!? わたしが持って帰るの?」

「うん」

「この錬金釜ってやつを?」

「うん。お願いしまーす」

「えっ、あ、うん……わかった。って、凄く重そうなんだけどこれ……」


 優衣は恐る恐る錬金釜に両手を回して、そっと持ち上げてみた。

 結果……驚くほど軽かった。

 それは、その錬金釜の素材が異世界の特殊な金属で作られているからなのか……。

 いや、レベル6のなせる業っしょ……と、優衣は錬金釜を抱えながらほくそ笑んでいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます