オレオレ詐欺にお金を払う方法

作者 木沢 俊二

47

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

近所でオレオレ詐欺があったので主人公はミネばあちゃんが騙されたりしないかと心配しています。
そんな時、ミネばあちゃんのところに可愛がっている孫から電話が!
ばあちゃんは詐欺にひっかかってしまうのか!?

ばあちゃんと孫の関係がとっても素敵。
だから余計にばあちゃんが騙されると心配になります。

恐い話かと思いますよね?
でもね、これ感動作です。きっと読み終わったら悲しいけど幸せな気持ちにもなると思います。

★★ Very Good!!

 正義感や常識で判断するのではなく、それよりもずっと大事な基準で物事を見極められるよし子さんに好感が持てました。ひたすら奔走し続ける姿や猪突猛進な会話からも彼女の人柄がよく表現されていて、最後に彼女のとった行動は一見意外なようでもありながら、実に説得力がありました。
 おばあちゃんの世界がずっと希望に満ちていることを願っています。
 面白かったです。

★★★ Excellent!!!

正義感が強く熱血漢であり元陸上選手だったよし子は、コミュニティで知り合ったミネさんというおばあさんととても懇意にしていた。
ミネさんは独り暮らしのおばあちゃん。以前は正夫という最愛の孫と同居していたが──

よし子は、最近増えてきた『特殊詐欺(オレオレ詐欺)』を警戒していた。
近所で被害にあって、心と身体を壊してしまったお年寄りがいたからだ。
四六時中一緒には居れないよし子は、ミネさんが詐欺にかからないようにする為の特訓をするが、ミネさんはなかなか覚えられなかった。

そんな時、ミネさんのものとに一本の電話がかかってくる──

***

はい! みんな!! 読む時はハンカチ用意ね!
あ、できればあとは、一人になれる場所でお茶とか用意するのもいいね!
公然の場所や人前で読むのはおすすめしないよ? 泣き顔を人に晒したいか?

作中、ミネさんと最愛の孫・正夫との思い出が語られるのだけれど、もうそんなのハンカチなしに読めるかってーの。
やめて反則。優しいおばあちゃんと最愛の孫の思い出とか、心が軋むエピソードとか。またその表現が「へへへ、泣けよオラ」じゃなくってさ、こうなんて言うの? 逆に淡々と語られるからさ。自分の思い出とか気持ちとリンクしちゃってもうね。たまらないんだよね。

作中ちりばめられた伏線。
それにより否応にも盛り上げられる期待感(※良い意味と悪い意味両方)。
そして訪れる結末。

さて。最後に待つのはどっちか。
期待して読むべし。

★★★ Excellent!!!

若い人達は、「何でこんな電話に引っ掛かるのよ」と呆れてしまうような手口だったりしますけど。

しかし、孫を誰よりも大事に思っているおじいさんおばあさんは、孫からのSOSとなれば、これは大変だと通帳と印鑑を持って銀行に走ってしまうのです。

本作もそんなオレオレ詐欺のお話です。

が!

その電話の相手は――、


涙なしには読めない短編です。
ぜひ!