第37話 敵か味方か?!

絵美「う、うちはなんでこんなとこにいるんや………。」


マツ「フハハハハハ、絵美よ。笛を逆さに吹いた代償が今来たか!!

あの笛は……その代償として記憶を失うのさ!!フハハハハっ」



ゆき「そ、そんなっ。。絵美;; 私たちの事忘れちゃったの?!!」



マツ「いいことを教えてあげる・・。今は特別にあちきの、人間の耳には聞こえぬ超音波を聞かせることで・・・魔力を持った動物さんは当分起きないわ。。」



絵美「魔力を持った動物さん・・・なつかしい響き……」



ゆき「絵美、ちょっとしっかりしてよおっ!! ま、まさか

にぇにぇの事??!」





そんな中刻一刻と 無二は、マツのもとへと向っており、



シャーベット、みあ達とほぼ同時刻に


その場に姿を現したのであった。







無二「っマツ様……今到着しました、ふふっ。愛するゆきのために……」


マツ「来たな、ご苦労であった。ともにこいつらの始末をはじめようぞ……」



シャーベットみあ「な、なんとか間に合った・・・??今着いたよ!!!

ユキちゃん達大丈夫?;」



ゆき「シャーベットちゃんっみあちゃん!!きてくれて助かったよっ;」







絵美「一体……誰………」






シャーベット「え、絵美ちゃん・・・?誰って………な、何を言ってるの??!」


ゆき「シャーベットちゃんっ、、え・・絵美が笛を逆に吹いたせいで記憶喪失に;;」


シャーベット「な、、そ・・・そんなことが・・・」


みあ「そ、、そんな・・・なんでそんなことに><」



シャーベット「絵美ちゃん、よく思い出してください!!今までずっと一緒に戦ってきたじゃないですか;;」


ユキ「無二………。くっ、絵美がこんな状態なうえ、マツに無二まで・・・やばすぎる;」



シャーベット「仕方ないですねっ。。みあちゃんっ絵美ちゃんを後ろで守って、、お願いしますっ!!



みあ「わ、わかったっ。。」

そういうと絵美を安全な場所へと避難させた。





無二「ふふっ お待たせゆきっ。今度こそ私と一つにしてあげる……そう、ゆきは私だけの尊いもの。誰にも邪魔させたりしない・・永遠に私の中で暮らすのよっ。」




ゆき「そんなこと・・・私は望んでないよっ無二!!見てっ、無二。このパワーストーン……一度は捨てられちゃったけれど、ある人に直してもらったのっ。私との大事な想いででしょ??」



無二「……ふっ、そんなパワーストーンになんの意味・・・・うう、あ、頭がっ……くっ。ただの頭痛だ、こんなもの・・・」




無二「それよりまた、強がって恥ずかしがっちゃって。そういうとこもかわいいわ・・・さっさとけりをつけさせてもらうわ……」


ゆき「くっ……やっぱり戦うしかないの; 





慈愛剣パララアイソードっ 真空断魔!!!!!!」





無二「……すっ、すっ…… くっ以前よりずっと速い……。。それ私の技も入ってるけど私への愛と受け止めていいのかしら?……」




無二「愛にはお返ししなきゃ……ねっ。はあああああ 無二の愛!!!!!

永久の箱庭ブレッドル!!!!!!!!」





そう無二が叫ぶと、ピンク色のブーメラン型魔法のようなものがいくつもゆきに

襲い掛かった!!!!





ゆき「そ、そんなっ…… ひそかに技の練習をあれだけしたのに……><」




ゆき「なっ、何このブーメラン……危ないっ、もう少しで当たりそうに……」



間一髪ゆきはブーメラン魔法を、かわすことができたっ。




マツ「あちきも忘れてもらっちゃあ困るねっ。魔女狩りの淵ブラスト!!!!!!!」





すると鎌のような魔力の塊が宙から、何本もの降り注いだっ。





ゆき「危ないっ!!! シャーベットちゃんよけてっ><」



シャーベット「うっうううううううう・・・・・」


シャーベットはガードすることで手いっぱいのようだ………



シャーベット「う、うそでしょ?! さっきのブーメランまでっ、、」


シャーベット「きゃあああああああああああっ…、う・・・うう、、」


「ま、まさか………追ってくるとは……」


一瞬のシャーベットの油断で、彼女は足にダメージを負った。




ゆき・みあ「シャーベットちゃんっ!! 大丈夫?!」


シャーベット「う……、うう・・ な、なんとか……」


その一方で実はこの時、あの<ムミ>と<マホ>が

チリにされた状態からでもまだ意識があり……無二マツのいる付近まで

空中を漂い移動していたのだ。。


また、同時に時代や異世界がごっちゃになった事でこちらに向かってきている

者たちがいた。。



ムミ「こ、こんなチリになっても、わらわの意識は無二に向いている。。こんな姿にしよって、絶対に許さんぞお。無二!!!」


マホ「まさか、無二に私が倒されるとは……必ずこの怨念はらしに行くわ…。

待ってなさい無二っ。。」



そうしてマツはこの直後、

とんでもないことを口走ってしまう……。


マツ「こんなところで時間を食ってるわけにはいかぬ。ムミやマホ、そうして魔物界のこんな弱小微生物たちは、最終的に私の栄養分となるだけ・・・それしか利用価値がない。全てを栄養にし、あちきはますます強くなる…。」


「これぞ弱肉強食ってやつさ……」





そう告げると、それを偶然耳にしたガーゴイル、ムミ、マホが

怒り狂いだしたっ。


ムミ 内心:……無二を追って来てみれば、われらがボスとともに一緒におり

なおかつ、わらわ達を<微生物扱いで栄養>だと……怒怒


マホ 内心:私はボスのためならと思いこれまで忠義をつくそうとしてきましたが・・

まさかそんな風に思われているとは……。。内心穏やかじゃありませんわね、、」


ガーゴイル「ぐげげげげっ、異空間とうつしよが行き来しやすくなってきてみりゃ。

なんたる暴言……こいつあ聞き捨てならねえぐげげげげ……!」



マツ「ちっ。……さすがにこれはしまったね。。うっかり口がすべっちまった・・・

フン。どの道栄養分には変わりない、この場で胃の中へ入れちまおうかね。。」






ムミ 内心:無二いいいいい!!!! そして 魔Ⅱ!!!!!絶対に絶対に許さんぞおおおお怒





すると無二は…、隠し持っていた<裏黒宇王の刻んだ尻尾>を

口の中でかみ砕くように食べだした……!!!!






ゆき「ちょ、ちょっと……無二っ。。な、なにしてんのよっ……」




無二「うう……むしゃむしゃ、むしゃむしゃ……ごくり………・・・・」



無二「う、うがああああああああああああああっ!!! ああああああ!!!!」





シャーベット「うわあ……、、無二ちゃん……なにを・・・」



ゆき「……そ、そんな。。無二が・・・そんな姿無二じゃないみたい……」







みあ「な、なんて光景……う、うそでしょっ。無二……それ裏黒宇の魔力をまでも感じるなんてっ;」




絵美「知らない人がいっぱい……。」



ガーゴイル「隙ありっ!!! 黒魔界さざ波切りっ!!!!!!」




マツ「……すっ、すっ。 一体誰に 隙があるって・・・? ただの羽悪魔・・・」




マツ「エッジ オブ 酸性剣!!!!  食!!!!!!!」




ガーゴイル「ぎぇええええええええええっ、、 ば、ばかなああああああああっ!!!」



一瞬にしてガーゴイルは…マツの攻撃により消え去ってしまった……。。






だが………



ムミと、マホがこの時<塵状のままマツの体内へ入り込もうとしていた>


マツ「さあて、そろそろショーもフィナーレと行こうか……。無二、これでしまいにするよっ!!!」


無二「もちろんですっマツ様っ。格別の栄養をごちそういたします………」





無二「さあ、ごちそうさま………次はゆきの番よ。。お楽しみはこれからねっ♡」


マツ「あちきもまだまだ楽しませてもらおうかねえ、若い子のエキス全て栄養分にしちまいたい……」



はてさてムミ、マホも乱入したマツ達との闘いのゆくえはいかに??


ゆきたちはピンチを脱することができるのであろうか??! つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます