第35話 黒いリール

前回、モンジョー人、ナヤンデルタール人達、そして…現代人、未来人

に襲われていたゆきたち。


そんなカオス状態の中、未愛は冷静に状況を分析していた……





未愛「くっ……さっきからマツさんに応援を頼んでいるのにっ

なんで、なんでこんな大事な時に限って 出ないの?!」

「いつもなら、通信棒つながるはずなのに……」


絵美「みあっ、大丈夫か??うちらこりゃかなりまずいかもな;」


未愛「あっはい…っ、さっきからマツさんに連絡をとろうと……」


ゆきは剣を構えたまま、小刻みに震えだしている。


ゆき「あなたたち!!!狙いは私なんでしょ??

他の子たちは関係ないからっ、攻撃しないで……お願いっ!!」


リュミエール「ふはは……。こりゃあいい眺めだ…。」






シャーベット「リュミエール君さっきから何をいって……」


ゆき「……あまり信じたくはなかったけど、ごめん。シャーベットちゃんには酷だけど

彼も元々無二達側ってことらしい;」


シャーベット「そ……、そんなっ… あの時操られていたんじゃなかったの?!」


リュミエール「はあいはいはいはい。僕の茶番、どうだったかな?

おや?すっかり信じ込んでしまっていた子がいるようだね……。」


ゆき「くっ……、もっと私が早くきづいていれば、、」


みあ「……おねがいっ!! 出てっマツさん……」



きづくと完全にナヤンデルタール人、ヨイや人、モンジョー人に距離を詰められていた

ゆきたち。


よいや人が、空間を切り裂いて 剣を交えつつ体をねじらせながら、ゆきに突進してきたっ。


ゆき「っきゃっ!!!!!、見えなかった……なんて速さなの;」

するとどこからか、馴染みの音色が聞こえてきて♪♪

絵美がクマムシを手早く呼び出していた。




クマムシ「くうまあ♪ご主人様の大ピンチみたいクマ、、でも僕の防御があればもう安心っくま☆」





絵美「ゆきっ大丈夫かっ?!    ……へへっ後はたのんだで、クマ坊……」


クマムシ「甲殻最大防御、プラチナの壁!!!!!!!」


するとゆきたちの体が硬いカラに包まれたかのような気分になった。


リュミエール「……ほお。おもしろい技を使うものだ…。 だが、、」


「迅速神髪  遠奈落落とし!!!!!!!」





ゆきたち「うわあああああああああああっ!!!」


クマムシ「くうまあああああああっ;;」




その技は、まるで漆黒の大穴に全員を叩き落すようであった。


シャーベット「な……、た、たちあがれない…」


ゆき「……う、うう……」


絵美「……、な、なんてやつ……」


みあ「…体が……もう、」


その時、ひそかに絵美はある最後の秘策が頭によぎっていた……。



ゆき「も、もうだめ………なの…?;」








絵美「、、こうなったら…… うちの笛…底力みせたる。。」


闇夜リュミエール「…最初にいっただろう。光と闇は一体。きづくのが

遅かったな。。ふふ。」


「さあて… 時間もないことだし、いけどりにして@@@様に献上してさしあげようか」


その瞬間、絵美が<笛を逆さに吹き>今まで奏でたこともない曲を奏でていた。



リュミエール「う、うあああああああああああああ!!なんだなんだこの、耳障りな

曲は。。やあああああめえ~~~  ろ~~~おおお!!!」


「ばっばかなっ!!まさかまだ古代秘術 逆さ笛の使い手がいた……とはっ、


体がこわれるうううううううう、あああああああああ!!!!」





ナヤンデルタール人、現代人 ヨイや人達「うがああああああっっ  きいいいいい ゆううううううう」


すると奇跡的に、憎悪の性質をもつ魔物界の化け物たちにとっては

鼓膜を破壊するほどの不協和音が、   存在をもかき消したっ!!!



リュミエール「……こっこんなばかなあああああああああああああっ!!!!」




絵美「、へへっ…… 最後にやくに……立ったかな。。おっと、うちのあれが消えゆく前に……こいつに聞いとかなな」


絵美は体をひきづり、リュミエールのそばによる。


絵美「……よお。あんたを送り込んだ……影の支配者 なんてやつや……」

















リュミエール「……げっほげっほ、、ぐっ……   










 M………」



絵美「……M……? 何かの頭文字かっ つづきあるんやろ、はよ吐けやあっ!!」










リュミエール「っ、がはっ…… M…… 2………」



絵美「……んなばかな…、、」



シャーベット「…うう、っ そんなことありえない……;」


ゆき「……うそ…だよね、、 なんで マツさんが……」


みあ「……師匠……がなんで。。」


絵美「ど、どうするこの状況。。」


みあ「どうりで……つながらないわけね・・でも、慎重に動かないとマツさんの

思うつぼですよ??」


ゆき「、、ま、まだわからないよ!! 私はマツさん信じてるからっ。リュミエール君は敵だったし、

仲間どうしつぶさせる罠かも。。」


絵美「そ、そやんな!ゆきのゆうとおりやっ。とりまほんとのとこを

聞きに行ってみよか??」


みあ「…ええ、ただしほんときをつけながらね。。」


シャーベット「ところで マツさんっていまどこにいるのかしら、?」


ゆき「ううん…、一旦わたしの家に集まってから考える?? ここにいても

落ち着かなくて。。」


絵美「決まりやなっ、それに 無二の動向も気になるし……」


シャーベット「わかりましたっ!!一旦ゆきちゃん家へいきましょっ」



一方無二たちは………


無二「さあて、そろそろ……愛しのゆきを迎えにいかなきゃ、ねえ??」

「うふふっぞくぞくしてきちゃった。今度こそ確実に私の中に入れて

逃さないんだから…」




そしてゆきたちは、一旦ゆきの自宅に戻り今後を話し合っていた。


ゆき「…色々信じられないことが起こってるけどとにかく、マツさんと

再度逢えるようなんとかできないかな…」


みあ「私、マツさんの事でやっぱり怪しいと思ってる事があって。

思ったんだけど二つのグループにわかれて 行動しない??」


絵美「みあがそういうなら……、それになんとなく察しがつくような…。いいアイデアかもなあっ」


みあ「ちょっと、未来の世界で確認したいことがあって。。

状況次第では、破壊行為しちゃうかもだけれど…」


シャーベット「私たちもみあちゃんと一緒に未来の

世界にいったので分かる気がします…」


ゆき「じゃ、ほんと気を付けてむかってね??わたしと絵美でマツさん

と落ち合うつもりだから…、みあちゃんとシャーベットで

確認したい場所へいくってどうかな…?」


みあ「それで決まりですねっ。でもまだ師匠が……そんなことするはずがないと、思ってしまうんですが……」


そういうと二手に分かれて

ゆきたちは行動し始めた。


ゆき「私はマツさん信じているとこもあるけれど……確かめにいかなきゃっ。」


絵美「そやな。。無二もこのままほおっておいたらやばそうやけど

今はこっち優先でっ」


はてさて、実は、今回裏で糸を引いているのがマツの疑いが極めて高いと

いう結論に至った一行…… はたしてその真実とは?!! 次回へつづくっ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます