工場

立ち止まりたい

休みたい

膝を抱えて

空を見上げて


それなのに

許されない


転んだって

踏ん張ったって

見えない何かに押し出されるように

時間は止められない


一緒に歩いていた

おじいちゃんが止まった

おばあちゃんも止まった

振り返っても

私の足は止まらない

手を伸ばしても

遠ざかる 懐かしい手


どうして 別れを惜しむことも

させてくれないの?


疲れた

私 大人になりたくない

大好きな人と離れたくない

どうして歩かせるの?

どうして止まらせてくれないの?


痛む体 増える白髪

この手にもいずれ しわが増え

枯れ木のようになっていくのだろう


なんの流れ作業なのだろう

生まれるということは

生きていくということは

次の命を生むということは

そして死んでいくということは


なんの意味があるのだろう

苦しみに耐えて 流されて流されて

その中で培ってきたものも

ポイと捨てられ死ぬ時に

なにもかも失ってしまう

こんな人生というラインに

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます