今宵の夜伽は、君に捧げる。

作者 美澄 そら