個性派JK☆勢揃いっ!【完結済み】

M・A・J・O

第一章 高校一年生(一学期)

第1話 はじまり(美久里)

「マタイによる福音書、22章の39節。『隣人を自分のように愛しなさい』と――」


 紺色の修道服に身を包んだシスターが、壇上で聖書を読み上げる。

 今まで聖書やシスターなどとは関わりがなかったため、すごく新鮮な気分だ。


 花のJK。蝶のJK。最強のJK。

 これから華やかな青春が待っているのだろうと、少女は期待に胸をふくらませていた。


 しかし、人見知りコミュ障をこじらせた少女にとって、新たな環境というのはものすごくストレスがかかる。

 だが、心機一転!

 自分は変わるのだと、少女は決意する。


「せ〜いタ〜ピオ〜、カ〜♪」


 これから歌うことになる校歌を聴きながら、少女はクラスメイトたちの顔を見回した。


 ☆ ☆ ☆


 紺色のブレザーが初々しく輝く教室。

 まさしく、『ピカピカの一年生』というワードが似合う。


 しかし、その……紺色のセーターに紺色のベスト、チェック柄の紺色のスカート……などなど。

 どんだけ紺色推しなんだよ! とツッコミたくなるほど制服の紺色率が高い。


 だが、それ以外は至って普通だ。

 と言うより、制服自体はなかなかに可愛い。

 女子の可愛さがさらに引き立つ制服である。


 そんな制服を纏い、少女は自分の席で落ち着きなくそわそわしている。

 少女はどんな人に声をかけようか迷っている。

 と言うより、人見知りコミュ障な少女にとって、人に声をかけることも一苦労なのだ。

 そんな時。


「ねぇ、それって『魔法少女になれたなら』のキーホルダーだよね?」

「……ふぇっ!?」


 ――人見知りコミュ障少女は不意打ちに弱かった。

 だが、そんなことはつゆ知らず、クラスメイトはなおも続ける。


「いいよね〜、『まほなれ』! 突然魔法のステッキに魔法少女にされた主人公がどんどん成長していくんだよね〜」

「……え、あ……う、うん……!」

「あ、そうだ。名前なんて言うの? あたしは朔良さくら! よろしく!」

「……あ、えっと……美久里みくりです……よ、よろしく……」


 なかなかにアクティブな雰囲気が漂う朔良。

 明るい茶色の髪を、高い位置で一つに結んでいる。

 所謂ポニーテールで、快活そうな見た目と相まってコミュニケーション能力の高そうな雰囲気を醸し出している。


 対照的に美久里は、おどおどした根暗な印象。

 紫色の、肩ぐらいの長さの髪がそれを強調させる。

 人見知りコミュ障なため、朔良とは正反対だ。


(……なんで私なんかに声掛けてくれたんだろう。でも……すごく嬉しい……)


 美久里は高鳴る心を抑えられず、頬を高揚させる。

 ――すごく楽しい高校生活が始まりそうな予感に、美久里は胸を躍らせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る