逃げる人々

 前方に小屋らしき物が見えてきた。


 「あれです。急いで」


 小川が鋭く叫んだ。皆が更に足を速めた。一人、足を負傷した遠藤が遅れがちになる。


 「ちきしょう」


 舌打ちしながら、遠藤が必死に進んでいると、不意に誰かが肩を貸してくれた。


 「――?」


 国広豊だった。肩を借りながら、唖然として見つめた。暫く言葉を忘れていたが、慌てて怒鳴る。


 「てめえ、何やってる。沙也香ちゃんのところにいろ」


 「妻が抱いています。かなり先に行っている。大丈夫です」


 「てめえも行けよ。俺のことなんか、構うんじゃねえ」


 「さっき、沙也香を助けてくれましたから。そのお礼です。僕は頼りなくて、みんなの力にはまったくなれないけど、このくらいならできます」


 二まわりは体の大きい遠藤を必死に支える国広。後から追いついてきた東谷が見かね、逆の肩を支えた。


 「馬鹿だぜ、おめえは。いいか、生きてここから戻れたら、これだけは覚えておけ。ヤクザ相手に貸し借りだのお礼だの、考えるんじゃねえ。利用されて何もかもむしり取られる。それがヤクザなんだ」


 「わかりました。生き残れたら、一切ヤクザとは関わりません」


 殊勝な表情で国広が言った。


 「それがいい」思わず苦笑しながら言う遠藤。


 「おまえも、生き延びたらヤクザなんかやめたらどうだ?」東谷が言った。


 「俺はもうどっぷりつかっちまった。やめるとしたら、死ぬ時だ」


 どこか寂しそうに遠藤が言うと同時に、小屋に着いた。






 全員雪崩込む。


 東谷、そして沢崎は素早く動く。武器を確認した。ダイナマイトをかき集める。ライターも、鎌やナイフなどもあった。


 倒した黒崎の部下達から、自動小銃や拳銃の弾はできるかぎり集めながら進んできた。だが、それももう残り少ない。どんな武器でも手に入れたかった。


 この場にとどまるつもりもない。


 「小川さん、俺と沢崎がここで迎え撃つ。みんなを連れて行ってください」


 東谷が言った。小川は険しい表情だが、頷く。


 小屋には出入り口が二カ所あった。一つが今全員が飛び込んできたもの。おそらくその正面から黒崎達がやってくる。反対側に小さなドアがあった。そちらに小川達が集まる。


 「連中に囲まれないうちに、行け」沢崎が叫ぶ。


 「待てっ!」遠藤が怒鳴った。ダイナマイトをズボンに何本も突っ込んでいる。


 「何をやっている?」


 東谷が訊くと、遠藤はニヤリと笑った。


 「おまえら二人も行け。ここは俺一人で充分だ」


 「何だと?」


 「何をするつもりだ?」


 東谷と沢崎が同時に訊く。


 「俺か? 俺はよ、最後によ、あいつら相手に、でっかい花火を上げてやるよ」


 遠藤の目がギラリと光った。ライターと拳銃を手にして東谷達に向き直る。そして、そこにいる全員を順番に見た。


 「沢崎の言ったとおり、俺は人でなしだ。弱い者ばかりを食い物にしてきた卑怯者だ。だからよ、最後くらい格好つけさせろや。俺なりの、懺悔だ」






 「遠藤さんっ!」国広が叫んだが、後が続けられなかった。


 「おい、SAT野郎」東谷を睨み怒鳴る。「沙也香ちゃんの家族は、何があっても守りぬけよ」


 東谷は頷いた。


 「沢崎っ! 地獄で待ってるぜ。てめえとの決着はそれからだ」


 沢崎は常になく真剣な表情で遠藤の言葉を受け、頷く。


 遠藤はまた不敵な笑みを浮かべ「行けよ」と全員に顎をしゃくって指示した。


 小川が小さなドアを開け、外に出ようとした時、国広みどりの腕をすり抜け、沙也香が遠藤の前までやって来た。


 「おじちゃん」


 「え?」沙也香に呼ばれ、戸惑う遠藤。


 「おじちゃん。ありがとう」


 遠藤は沙也香の言葉を受け、不覚にも体が震えた。自然と涙が零れはじめた。


 「おじちゃんの方こそ、ありがとうよ」


 震える声でそれだけ言うと、遠藤は、これまで誰にも見せたことがないような笑顔を浮かべた。それはおそらく、彼がまだ純真な心を持っていた頃のものだろう。


 国広が沙也香を抱き上げた。


 その二人に背を向けると、遠藤は仁王立ちになり「さあ、行きな」と言った。


 遠藤を残し、全員、外へ出た。


 振り返ると、月明かりが小屋を明るく照らしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます