第2話 月曜日。

 僕は月曜日が嫌いだ。

 

 土曜日と日曜日がずっと続けばいいのに。そうやってママに言うと、笑われたり、時には怒られたりもする。

 

 ママってすぐに本気にするんだ。

 ちょっと言ってみたかっただけなのに。


 だって、本当は僕は学校を休むのが嫌いなんだよ。

 

 何でって、休んだ次の日の学校が嫌いだから。

 

 僕だけが知らないことが出来ていて、何だか空気まで変わってしまったみたいな気がして、心細くなる。「まさし!おはよう」「まさし、もう体調良くなったの?」とか友達に話しかけられると、何故か泣きたくなるんだ。

 ママにその事を話したら「友達がそうやって言ってきてくれるなら良かったじゃない」って言うんだけど、そうなんだけど、泣きそうになるのがすごく嫌だ。

 

 だから、僕は学校を休むのが嫌い。

 けれど、学校が休みなのは大歓迎。


 「夏休みが2年くらい続けばいいのに」これもママに言ったら「そんなに休んでどうするの!」って言われた。

 

 本当にママってすぐに本気にする。

 こういう時パパなら「だよな」って笑ってくれるのに。 


 パパは「おしり」とか「おなら」とか、ここじゃ言えないもっと面白い言葉にも一緒に笑ってくれる。でも、ママは全然笑わない。 


 だから、僕はママのことをムスッとしてる「ムス子だ」って言ってやった。そしたらママは笑った。


 僕にはママの笑いのツボが全然分からない。


 でも、「時効警察」は面白いし「同期のサクラ」も面白い。「アメトーーク」も好きだ。


 笑いのツボは分からないけど、僕ってママに似ているみたい。好きなものが大体同じだから。


 でも、ゲームの事は女には分からないみたいだけどね。下手だし。しかも、デュエマと遊戯王を一緒だと思ってたんだって。信じられないよ。


 ちなみに、女って言うと女の人とか女の子って言いなさいって、注意される。本当色々うるさいよな。


 

 あ、この話は内緒だよ。


 約束だからね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る