第37話 離別

互いに相手の出方を探る。

空中戦では、瞬時の判断が命取りになるのだから。


「左翼が何時まで持つか判らん!主よ勝負に出るしかないぞ!」


敵の技量が如何程なのかなんて悠長に構えていられない。

事実、飛んでいられるのが不思議なくらいだった。

左翼の歪みからか、操縦桿に違和感を覚える。気を抜けば戦闘どころではない。


「分かってるわ!でも、敵が縦の機動戦を拒んでいるから!」


緩慢に飛んでいるように見えるが、敵はこちらとの巴戦を嫌っているようにも窺えた。


左翼に不安を抱えるヒカルは横の巴戦を嫌い、敵はこちらの思惑には乗らず縦の機動戦に入ってはくれなかった。


「それに、敵の速力が劣っていない気がする。<昇華>した<零虎>にも負けていない気がするのよ」


相手も<昇華>したなんて思いもしなかった。

まさか因縁の相手だったとは、ヒカルには分かりようもなかったのだ。


「こうなれば一か八かよ。奴を無理でも巴戦に入らせてやる!」


「おいっ?!何をする気なんだ?」


流石のケモ耳聖獣にもヒカルが何を企てているのかが判らない。


「黙って観ていれば判るわ!奴がついて来るのならばね!」


時を惜しむのか、ヒカルはレイにも教えず射撃把柄に手をかける。


 

 タタタッ!


前方の背面を見せて飛ぶF4Fに、7ミリ7で遠方射撃の一連射を浴びせてから。


「いくわよっ!」


反転降下にて堀越機の救援に向かい始める。

追撃を断念し、味方機の援護に向かう素振りを敵に見せたのだ。


「追いかけて来るのなら・・・その時こそ!」


敵に背中を見せ急降下に入るヒカルは、敵の出方を待っていた。



「おい、逃げやがる気か?」


<野良猫>隊長は追って来ていた<零戦>が反転急降下に移るのを観てチャンスが来たと思った。


「追いつけないとでも思ったか?!グラマンワークスの頑丈さを知らないとみえるな!」


隊長がそういうのも無理はない。

普通の<零戦21型>ならば、急降下制限スピードは400ノットまでとされていた。

対してF4F-FM2ならば、軽く400ノットを超えられた。

それが零戦と同じ海軍機であった、F4Fの取り柄とも言えるのだが。


「いくぞ!ダイブをかけて追いついてやる!」


巴戦じゃなかったのと、得意のダイブズーム戦法だったから野良猫の聖獣も文句を言わなかった。

まさか、それがヒカルの罠だとは思えなかったのだ。


<零戦22型>を追いかけるF4F-FM2。

急降下を続ける二機の周りには支援する機影は存在しなかった。

上空のF4F小隊3機は隊長の腕前を信じ込み、また邀撃中の零戦はそれどころではなく。


「ついて来たぞヒカル!」


後方から猛烈な速度で追いかける野良猫に、


「泥棒猫さながらの速力だ!」


ここでやっとヒカルが企てた作戦を理解した。


「そうね・・・速度に頼り過ぎれば、機敏な動きは出来やしないから」


タイミングを計るヒカルが、敵機の軸線から外れる様に僅かにフットバーを動かす。

追う者の野良猫隊長が、近付く<零戦>を捉えたと思い込む。

気付かれていないと思って真一文字に突っ込んだ・・・射撃する為に。


「来るな・・・勝負よ!」


振り向きながら、野良猫が撃つタイミングまでじっと待った。


「来るぞヒカル・・・今!」


もう100メートルは切っていただろう。

肉薄するF4Fは一撃で勝利を納めるつもりだったに違いない。


トリガーを引き絞った野良猫隊長は<零戦>が消えたのかと思った。

照準鏡の中でゆっくり横転していく<零戦>に、併せることが出来ずに突き抜けてしまったのだ。


急横転減速転回インメルマンターン・・・

飛行特性上、低翼面荷重機にしか向かないと言われた空戦技術。

格闘性能優秀機<零戦>ならではの一手と言えるのだが。


「ひゃっほぉぅっ!ヒカルが<零虎>を使いこなしたぞ!」


モフモフ髪を靡かせて、<零戦虎徹>の歓呼の声がレイから迸った。


「ここからよ!観てなさいっ!」


敵弾をやり過ごした<零戦>22型が、フルスロットルでF4Fに噛み付いた。

手負いの虎が、煩い野良猫に噛みついたのだ!


そのまま急降下して逃げれれば、野良猫にもチャンスはあっただろう。

だが、運の悪い事に・・・


「主!引き起こさねば地上に激突する!」


中高度で空戦し、そこから急降下をかけて撃墜を果せなかったのならば。


「くそっ!ジークに嵌められたか?!」


このままでは、地面に吸い込まれるだけだと思った時には<零戦ジーク>が。


「もう逃げることは無理だ。機動戦で叩き墜としてやる!」


操縦桿を引き、後方に迫った<零戦>に応じるよりは助かる道は残されていなかった。


「主!仲間に救援を頼むのです!」


野良猫は悟ったようだ。

この主では<虎>には勝てないのだと。F4Fでは<零戦虎徹>には歯がたたないと。


「馬鹿!私は奴と一騎打ちを果すのだ!」


しかし操縦者は名を惜しんだのか、救援を拒んでしまった。

それが野良猫の運命を決した。


野良猫ワイルドキャットは、野辺に散れば良い・・・か」


ケモ耳を垂らし、聖獣は覚悟を決めた。




「やれっヒカル!縦の巴戦だ!」


ケモ耳を振りたてたレイがOPLに仁王立ちになる。

白銀のモフモフの髪が、荷重で一本の棒の様になって見える。


急降下の速力を活かし、F4Fへ急接近する<零戦22型>。

上昇力でも零戦と同じスピードを誇るF4F FM-2だったが、次第に追い縋られていく。

縦の巴戦では速力よりも翼面荷重が物を言う。

F4Fより零戦22型の方が小回りが利くのだ。

旋回半径が小さいのは有利なのだが、乗っている者にも負担がかかる。


「くぅっ、まだ諦めないようね」


重力と遠心力に耐え忍ぶ・・・頭から血の気が無くなりそうになりながら。

目の前がブラックアウトしてしまえば、操縦不能にもなりかねない。


徐々に後上方に迫る<零戦>と、それでも旋回を続ける<野良猫ワイルドキャット>。

だが、勝負は次の一瞬で別れる事になった。


「駄目だっ振り切れん!」


踏ん張り続けて来た野良猫隊長も、追い縋る<零戦>に音を上げてしまったのだ。


「諦めては駄目ですっ、もうひと踏ん張り!」


野良猫の聖獣が応援したのだが、隊長は諦めてしまった・・・巴戦を。


「ジークが完全に捉える前に。切り返す!」


空戦自体を諦めたのではないと、隊長はステックを倒してしまった。


「あっ?!」


・・・なにをっ?! と、言いたかっただろう野良猫は。

操縦する継承者に、咎めたかっただろう。

それでは<零戦虎徹>に撃ってくださいと言うようなものだと分っていたから。


「お終いヨ!」


目の前で急激に近づいたF4Fの機体上面が、照準器から大きくはみ出ていた。

狙う必要もない距離で、ヒカルの左手が握り締める・・・発射把柄を。




 ドッ・・・・ タタタタッ!



射撃音が軽くなった。

両翼から出た20ミリはたったの2発だけ。後は7ミリ7が20発程だけだった。


「・・・撃ち尽くしていたみたいね」


堀越を救おうとした時に撃っていたから、残った弾は僅かだった。

それでも目前を過った敵に対しては、十分な効果があったと確信していた。

なぜなら・・・


「追わないのかヒカル?」


敵機を睨んだレイにも、それが分っていたから強く言わなかった。


「ええ、あの状態では・・・必要ないでしょうね?」


火は噴いていないが、確実に命中したのだと判る。

微かにオーバーヒートの煙が流れ出している・・・離れて行く敵機から。


「胴体に一発の20ミリと、7ミリが命中したからね。

 発動機にも・・・コックピット周りにも・・・ね」


切り返そうとしてこちらに曝け出された上面に、数発の弾痕を穿っていた。


「そうだな。あの状態なら・・・還れんだろう」


離れ征くF4Fを観て、レイは間違いなく一つの宿命を感じていた。

<零戦>と闘った異世界の戦闘機F4Fの最期を看取ったのだと。


空母ぼかんまで操縦者が還れるかは判らんが。

 アイツはもう向かっては来れんだろう・・・野良猫ワイルドキャットはな」


薄く煙を吐き、ふらつく機体が飛んで行く。

撃墜を免れて、家路に着く手負いの野良猫が帰ろうともがいているかのように。


「さらば・・・もう会う事はないだろう」


旧知の友を見送るように、ケモ耳を垂らすレイが永遠の別れを告げた。



「こっちも帰らないと。空中分解してしまうわ!」


「そ、そうだった!おいキーよ、保てそうか?」


我に返ったレイが、ヒカルに促されて機体妖精を呼び出すと。


「にゃんとかぁ~っ、着陸まで持ちそうですがぁ、もう巴戦は辞めてくらしゃいぃ」


左袖を破かれた赤煙火服のキーが、目を廻しながら答えて来る。


「ふむ、それだけ軽口を叩けるのなら安心だな」


「親分ん~っ、他人事だと思ってるでしょぉ?」


笑うレイにぶつぶつ文句を言うキーを見ているヒカルが、


「もう少しだけ辛抱して。堀越機を護らなきゃいけないの」


操縦桿を捻って救援に向かった。




「主・・・死なないでくださいよ」


エンジンからのオイル漏れが停まらない。

穴の開いたキャノピーが騒音を奏でている。


「どうかな・・・母艦迄保てるか?」


野良猫隊長が言ったのは、機体と自分の躰に受けたダメージ双方の事。

反転した瞬間に襲い掛かった敵弾が、機体を撃ち抜いたのだ。

一発の20ミリにより胴体に大きな穴が開いた。

機首から立て続けに命中した7ミリ7機銃弾が、エンジンとコックピットを襲った。

補器に当たった弾によりオイルが漏れ、一弾に貫かれたキャノピーに穴が開いた。

そして・・・その弾が。


「主・・・死に給うな。帰ればまた出撃出来るのですから」


F4Fの聖獣も機体同様にボロボロになっている。まるで死の間際に居る野良猫の様に。


「分かっているが・・・どうやら年貢の納め時の様だ」


肩から袈裟切りに貫いた弾で、野良猫隊長は瀕死の重傷を受けてしまった。

母艦迄の帰途、主従は最期の時が来たと悟る。


だが、敵国であっても戦闘機乗りの信条は変わらなかった。


「母艦に辿り着けたら・・・叶わなくとも着艦を試みるさ」


ふらつく機体をなんとか保たせ、野良猫は帰路に就く。

瀕死の隊長機を護る為に、部下達が周りを囲んでいた・・・・





「堀越さんっ?!」


その機体はどうにか飛び続けられていた。

ふらついているだけで済んでいるのが不思議に思えた。

あちらこちらに12.7ミリ弾の穴が開いている。

なぜ火を噴かずに済んだのか、なぜ墜ちずに済んでいるのかも考えられない位に。


ガラスが破れ、キャノピーが用をなしているとも思えない操縦席に、彼は生きていた。


「しっかりっ!もうすぐ滑走路ですから!」


失速寸前の速力で、滑走路に降りて行く堀越機。

俯き加減の堀越は、顔の半分を血に染めているのが見える。

相当の深手なのか、もう視界が確保できていないのか。


「まただ・・・米川飛曹と同じ事になってしまわないか」


心を痛めてみても、その人を救う手立てはない。

頑張れと喚いても、声さえ届きはしない。

それでもヒカルは叫ぶのを辞めはしなかった。


「もう少し左ですっ!あ、今度は右っ!」


ゆらゆらと降りて行く堀越機の上から、何とか無事にと祈るより方法が無かった。


「ほらっ!そこで操縦桿を起こして!フラップを効かせて!」


堀越機が滑走路に降り立った時には、ヒカルは涙を流して手を叩いた。

後は堀越の躰が保ってくれるだけだと願いつつ・・・




「堀越中尉!」


地上に降り立った途端に駆け出した。

自分と<零虎レイ>を繋いでくれたひとの元へと。


掩体壕の手前で止まっている堀越機には、整備員達が集まり操縦席から助け出していた。

血に塗れた操縦士官で邀撃隊指揮官を。


「堀越中尉!分かりますか中島少尉です!」


駆け寄った時ヒカルが観たのは、頭部と右目を破片でやられた男の姿だった。


「ああ、助かったよ中島少尉。ありがとうな・・・」


感謝されても、お礼を言われても。


「すみませんでした中尉。私がもっと早く気が付けば」


謝るより言葉が見つけられなかった。

自分がいたらなかったのに・・・護る事が出来なかったのだから。


「いいや、あの時気が付かなかった僕に責任があるだけさ。

 君は敵から護ってくれたじゃないか、片翼を壊してまで」


担架に載せられても、堀越はヒカルに謝辞を返して来る。


「中嶋少尉、堀越中尉を軍医の元に連れて行きますから!」


整備員が数人固まって担ぎ、急ぎ足で医務室へ駆けだす。


「中嶋ぁ!後は頼んだぞ!」


堀越の声がヒカルの耳と心を打った。

その声には、生きろと言われているようにも思えたから。


「堀越さん・・・」


レイと自分を結んでくれた男は負傷してしまった。

自分の目の前で、空の闘いに傷付けられたのだ・・・


目の前で散り行く翼。

どれだけ足掻こうが運命は非情だと知らされた。

時として敵にも味方にも、同じように訪れるのだと分った。


それが空の掟だと・・・やっと気づかされたのだ。






野良猫は墜ちず、傷ついた者は還りつく事が出来た。

住み慣れた我が家、機動部隊まで。



辺りを覆う黒煙が、ここで何があったのかを知らせていた。

母艦の直上に来て、初めて野良猫なのだと再認識した。


「我が家が燃えている・・・」


黒煙を立ち昇らせ、往き足が停まっている母艦を見詰める。


「敵の攻撃を受けて・・・大破したのか」


出血による意識の混濁の中、隊長は護衛の艦艇から送られてくる信号を読みとる。


「「第2部隊のレキシントンに向かえ」」


着艦不能の母艦を見捨て、他部隊の航空母艦に行けという。

だが、もう野良猫は持ちそうにない。辿り着けないのだ。


「主・・・よくここまで頑張りましたね。ありがとうございました」


ボロボロの野良猫が感謝する。

もはや運は尽き、最後の望みは絶たれてしまった。


「もうこれまでです。最期は海軍機らしく散りたいと思います」


海上に着水し、脱出してくださいと願うのだったが。


「ああ、それも良いが。ここまで帰ったんだから家にノックしてから果てよう」


命の灯も・・・もう終わるのだからと。

野良猫隊長は決めていたようだ、着艦して死のうと。


「なぁ野良。いつの日にか元の世界に戻れたらいいなぁ」


「いいえ、主。私はいつまでも傍に居たいと願いを変えたのです。

 この野良に人の情けを教えて頂いた主の傍に居続けたいのです」


主従は最期のアプローチに入った。

傾き爆焔を揚げ続ける母艦いえへと・・・


「そうかい・・・それなら帰るとしようか」


微笑みを交わした野良猫ワイルドキャットが家に降りた。



大破した<フィフススター>航空母艦ホーネットが雷撃処分されたのはこの2時間後の事だった。









機動部隊の攻撃により手痛い損害を受けた<サンシャルネス>軍。

たった一度の航空攻撃で優勢は潰え去ったのか?


だが、本当の戦争はこれからだったのだ。

ヒカル達は暁に燃える空に舞い上がるのだ、喩えそれが報われない戦いと知っても。


次回 血涙の翼

君は紅の空に何を観るのか?


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます