第16話「対人戦闘開始(後編)」


 バババッバァァァアアン!!


 中空で炸裂したSマイン対人地雷が、内部に仕込んでいた無数の子弾を周囲にぶちまけた!!


「ぎゃぁぁぁああ!!」

「うぎゃああああ!!」

「あーあーあーあー!」


 一瞬にして全身を穴だらけになった暗殺者達。

 直撃したものはボロボロの肉片となり、掠めただけで大量出血してのたうちまわる。


 だが、ティーガー自身もその子弾を受けたというのに、傷一つない。


 それどころか、跳ね返った子弾がまた周囲にぶちまけられ、倉庫の中にいたほとんどの者が負傷していた。


「ひぃぃいぃい!! 抜いて、抜いてぇぇえ!」

「目が、目がぁぁぁあ!!」


 暗殺者ギルドの頭領ですら「行けぇえ!」の格好のまま、全身穴だらけになって死んでいた。


 生き残ったのは僅かばかりの盗賊どもと、そのカシラ──────そして、ギルドマスターだった。


「ひぃぃぃい! ば、ばばば、化け物ぉ……!」


 筋骨隆々の偉丈夫───ギルドマスターが、腰を抜かしていた。


『───よぉ。テメェ、見た顔じゃねぇか』


「あ、あああ、アルガスか?! なんで生きてる!? つ、つつつ、使えん暗殺者どもめ!!」


 アワアワと腰を抜かしたギルドマスターが、ズリズリと逃げ出そうとする。


 だが、それを見逃すアルガスではない!


『ほーう? やっぱり、お前が送り込んだ刺客か……。大方、金の回収を目論んでいたみたいだが。おう、ごら───冒険者ギルドのマスターがこんなことやっていいのか? ああん?』


 ごらぁ?!

 

 オラオラ口調で追い詰めていくが、ギルドマスターも諦めの悪い人物だったらしい。


「お、おい! 盗賊ども、さっさとガキを盾にしろ───」

「ふっざけんな! 何人死んだと思ってる! 端た金じゃ割に合わねぇ、このガキは俺達が代官に売り込んでやるぁ」


 あっという間に見捨てられるギルドマスター。

 そして、盗賊どもは檻ごと担いで逃げ去るところだった。


『お、おい、待てテメェら!!』


 すかさず追撃しようとしたアルガスだが、ミィナに命中しそうで銃撃できない。


『くそ!!』


 逡巡している隙に連中はスタコラサッサと逃げ出した。

 大量の負傷者を放置して……。


「あ、あの野郎ども!! 俺を置き去りにしやがって───!」

『おう、ゴラ! 待てや!!』



 ドルドルドルドルドルドル……!



 エンジンを猛烈い空ぶかしして、アルガスは怒り心頭!


 クソボケのギルドマスターに、ジリジリ迫ると、キャタピラで無残に轢断してやろうとする。


「ま、まっままっま、待てアルガス! お、俺を殺したらお尋ね者だぞッ! 街の代官だって黙ってはおらんぞ」


 む……。


 ピタリと止まるアルガス。

 明らかにギルドマスターの方が犯罪者なのだが、奴の言うことにも一理ある。


 こんなやつでも、一応街の名士だ。


 そのギルドマスターが口を割ることなく、アルガスの手でブチ殺してしまえば真相の究明には程遠くなり、無残に死んだギルドマスターの死体が残るのみ。


 事情が分からないものが見れば、アルガスの非にも見えるかもしれない。


「ぎひひひひ……! そうだ。それでいいんだよ! 代官にゃ高い税金と賄賂を納めてんだ、お前なんか鼻息ひとつで、ポンッだぜ!」


 アルガスが動きを止めたことに気を良くしたギルドマスターは、厭らしく笑うと、よっこらせと立ち上がる。


 懐から一枚の紙を引っ張り出すと、高々と指し示す。


 …………なんだ、ありゃ?



 ───告、代官府! 

 アルガス・ハイデマン。この者、勇者殺しの容疑で追跡中。賞金は金貨500枚。生死問わず!───



『なんだそれは? お尋ね者───俺が?』

「そうとも!! これは明日にでも街中に張り出される高札よ! 代官殿に密告して、作ってもらったのさ!」


 は?

 なんで俺が勇者を殺す? 意味分からん。


 っていうか、これ……ジェイスのことを言ってんだよな?


『………………ジェイスなら逃げたぞ? 軍団を放置して、街の反対にな。軍団レギオンに敵わないとみるや、尻尾をまいて───』


「知るか、そんなこと。ひひひ、保険をかけといてよかったぜ───。今頃、セリーナが代官府で準備している頃だ。そのうち、お前を捕縛しようと代官様が動きだすぞ! ついでに、あのガキを手土産にすれば代官様もお喜びに、───って、指ぃぃぃぃいい!!??」


 ギャラギャラギャラギャラギャラ!!

 ───プチッ。


「あーーーーーーーーーーー!!」


 なんかムカついたので、キャタピラで足の指を引き潰してやったぜ。


 っチ、それにしても街の代官まで抱き込んでやがるとは……。

 しかも、ミィナを売るとはな───最初からそれが目当てか。


 無駄に政治力のある奴は面倒くさい。


 そう言えばここの代官は俗物で、街の民衆からスゲー嫌われていたな。


 しかも、ロリコン………………。


 軍団が迫っていると聞いても、代官は迎撃に向かうどころか、自分の財産を避難させるのに必死だったとかなんとか……。


 ったく、どいつもこいつも腐ってやがる。


 ───まぁ、いい。

 

『だったら、代官の前でさえずってもらうぞ───そのあとでミィナを返してもらい、たっぷりとお礼参りさせてもらうからな!』


 足の指を押さえて、ヒーヒー言っているギルドマスターを冷たく見下ろすアルガス。


 容赦する気なんて、全く起きない。


 ミィナを奪っておいて、そのうえ俺がお尋ね者とはな……。

 どうやら街の御代官様も俺と戦争がしたいらしい。





 いー度胸だ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます