やさしいヤンデレっ娘は好きですか?

野口マッハ剛

第1話 うっ……! (意味深)

 目の前に立つ亜美はちょっともじもじとしている。はっはーん? さては、トイレに行きたいんだな? 自分は気を使ってこう言った。


「トイレに行ってもいいよ?」

「えっ?」


 亜美はちょっと驚いた表情だった。ん? トイレに行きたいんじゃないのか?


「それじゃ、ついて来て……」

「!?」


 えっ、亜美って大人なのに、トイレについて来てほしいの? もう、仕方がないなぁ~w


 自分は亜美について行って、トイレに入る。全く、童貞の自分がまさか女性がトイレをするところを見ることになるとは! いかんいかん、鼻の下が伸びているw


 ガチャリと個室のカギを閉めた亜美。う~ん、ちょっと狭いなぁ?


 すると、亜美はトイレをする代わりに、ナイフを取り出した。ヒイッ?! な、ナイフ!?


「ウフフ、アナタって童貞でしょ? さあ、どうしようかしら?」


 えっ、どういうわけ!?

 って、自分がピンチ!?


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます