騎士団の金庫番 〜元経理OLの私、騎士団のお財布を握ることになりました〜

作者 飛野猶

873

329人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

~予算がないからってポーション買わないわけにはいかないんです!~ってのは、正直言ってまだそこまでの展開になっていない。
駄菓子菓子、裾が濡れるのを気にする女性の描写は流石と感じます。
経理力の共にあらんことを。

★★★ Excellent!!!

第一話だけ読みました。
自分も経理をやっているので、ほぼ同じアイデアを持っていました。
なので、タイトルを見た瞬間、「ああ、先を越されてたんだな」と思いました。
なので私に代わって良い作品を書いて頂ければと思います。
私は別のアイデアでやっていってます。
応援しています。

★★★ Excellent!!!

テンポはミデアムな印象で、経理の知識が特筆される。こんなものがあったのかと僕も驚いた。僕は買い物に行ってもスパッと買うものが決められないタイプです。それが結果的には節約になっているかも。
文章の構成力が非常に高く、演出力もある。主人公を中心としたキャラクター達は、みんないい味を出している。
僕は異世界に行っても翻弄されるだけだろうな。主人公の適応能力の高いところが素晴らしい。

★★★ Excellent!!!

とある会社で経理として働く主人公・カエデはある日、疲れから残業中にうたた寝してしまい——気付くと異世界にやってきてしまいました。
突然魔物に襲われ大ピンチだった彼女を助けてくれたのは、イケメンで優しい騎士さま!

魔物討伐に訪れていたという西方騎士団たちと共に行動することになったカエデですが、平和な現代を生きていた彼女にとっては重傷を負った騎士たちの姿という辛い光景を目にしてしまい立ち竦むこともあります。
でもカエデはここで止まらない。自分にできることを探して一生懸命行動し、周りの人を敬い労うことのできる優しくて素晴らしい主人公! もう応援したくてたまらなくなります。
そんな彼女を何かと気がけてくれる騎士フランツとの仲も、おやおや?とニヤニヤ見守りたくなるのですがフランツはとある悩みを抱えている模様。
それは彼がお金の管理が得意ではなく、愛する妹にプレゼントを買ってやれるか心配なこと!

さあ、これは元の世界で経理をしていたカエデの手腕が唸るところ!

まだ始まったばかりの物語なので追いかけるのならば今のうち!是非ともご一読ください。
なお余談ですがかくいう私もお金の管理が苦手側なので、読みながらカエデからお勉強させていただきます…!