灰色男と人間たちについて。

 どうも、精霊です。


 灰色男なんだけど、あの後また別の人間の町でも暴れたみたいなんだよ。

 情報があったから対処できたって言ってたけど、それでも被害は出てるんだよね。

 銀をつくるって、たぶん錬金術だと思うんだけど、錬金術ってまだ夢の力でさ、使い方を知らないんだよ。俺たちも人間も。

 どこで覚えたんだ?


 とにかく人間たちは徹底抗戦するって決めたんだけど、今まで平和だったからさ、敵って堕ち物くらいのものだったからさ。

 戦い慣れてないんだよ。

 そこで俺は今日ね、他の精霊や魔物たちに協力を頼みに行ったんだよ。

 断られたんだけどね。


「人間にしか害がないならやらない」

「人間を守る意味が特にない」

「巻き込まれたくない」


 こんな感じでさ。

 だから怒られたばっかりだけど、龍たちの所にも頼みに行ったんだよ。

「見張っておくくらいはする」って。

 やっぱり、人間同士の問題だからって言うんだよね。

 そんなこと言ってたら手遅れになるでしょ。


 まぁ、今夜も明日もお願いしに行こう。

 何度も頼めば分かってくれるはず!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます