――堕ち物キングに追われる頃――

たくましい転生者たち

 どうも、精霊です。

 はい。

 転生者3人の事情聴取しましたよ。


「ヒマだった」

「体力を持て余してた」

「魔法を使ってみたかった」


 こんな感じだわ。

 まぁ、ヒマだったのは精霊の森に引きこもらせた俺のせいだよね。

 で? 体力を持て余してた?

 そっかぁ。一人は女の子で、二人は男の子なんだっけ?

 精霊には性別がないから、すぐ忘れるんだよね。

 それから、魔法を使ってみたかった?

 当たり前だよね。覚えたての力は使いたくなるよね。

 子供だって覚えたての呪文を唱えたがるもんね。

 そんでやりすぎて変な変身魔法が発動しちゃったりしてさぁ。頭がウサギなカエルって、めちゃくそ笑えるわ。最高だよ。


 いや、まぁとにかくね、引きこもらせて悪かったよ。

 だってさぁ……転生者ってだけですごい頼まれ事するじゃん?

 転生者も歩けば厄介事に当たるでしょ?

 オジサンは心配なわけだよ。

 他にも言い訳がたくさんあるんだけど、聞いてくれたりする? 聞かない? あぁ、そう。


 とにかくさぁ、ここに住んでてよ。どこで遊んできてもいいからさぁ。転移魔法とか教えちゃうからさぁ。

 オジサン人間が好きなんだよ。

 でもこの辺の人間て、みんな俺に手を合わせてばっかりで構ってくれないんだよね。

 俺が欲しいのはもっと近しい距離感なんだよ。

 まぁ、最近はキングに懐かれた事で人間たちが「大変ねぇ」なんて声をかけてくれるけど、ちょっと違うんだよなぁ。


 え?

 加護1つで許してくれるの?

 やったぁ! ありがとう!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます