君と歩んでいく道――To be,or not to be――

作者 玄冬