1.僕のこと

何を考えているか、

誰から見てもわからない、

そんな顔で空を見る。

見た先に何があっただろう。

それすらも思い出せなくて、

それなのに、また空を見る。

せめて、その瞬間、

笑っていたのか、泣いていたのか

それだけでもわかればいいんだけれど、

そうやって

望んでいたことさえ忘れてしまう。

それが、僕。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます