ただ単なる日々を生きる為に

葛生 雪人

ただ単なる日々を生きる為に

僕の全てを得たからと言って

いったい、何の利があるだろう。

何の為になるだろう。


けれど許されるなら、

この場に残しておきたいんだ。

僕がここにあった事実を。


    君と同じ時代に生きた事実を。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます