七種+は夢をみる

テル

第1部

プロローグ

第0話

私は知っている。


死から始まり、生へと終る。


この世界には、視えない壁があることを。



時を越えることは簡単。


空間を越えることも簡単。


距離も時間も意味のない泡のような世界。



組み込まれた死のプログラム。


目が覚めれば蘇る、沢山の私。


共有する意識の中で夢をみる。



繰り返す悪夢のような世界から、抜け出せる日が来ることを。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます