海が太陽のきらり

作者 吉岡梅