第6話 コメントを書くって楽しい

 コメントを書く、好きですよ。

 だって、読んで面白かった気持ちを作者に伝えることができるから。

 書きながら、読んだ後の余韻を楽しんでます。


 もし、あなたが誰かの作品を批判するぐらいなら、別の作品を読んではいかがでしょうか。

 もし、それが娯楽作品なら不満がある作品を読むのは、時間の無駄だし、新しい作品に出合えるチャンスを失うことにもなります。

 

 カクヨムではないですが、某サイトでの「コメント」で以下のようなものがありました。


「物語は面白いのだけれど、前書きと後書きがつまらないから、読むの辞めます」


 おい!

 お前は幼稚園児か!

 前書き、後書きを読む読まないは自由でしょう。

 つまらなければ、そこを飛ばせばいい。

 

 ネット上で炎上が起こる理由の一つは、こういった人が少なくないからでしょう。

 ある大学教授は、そういったネット環境について、

  「今の生活に満ちたりていない人が、負の感情を垂れながしている」 

という話をしていました。


 ネット上に足跡を残すなら、せっかくだから、他の読者が読んでも楽しいコメントにしたいものです。

 コメントは、その作品が好きな人たちが集まって、わいわい盛りあがれるような場になるのが理想だと思います。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

 コメントってなにを書けばいいの? 空知音 @tenchan115

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画