クーラーくんは冷たい

楠楊つばき

クーラーくんは冷たい

 真夏の生命線と聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろう。

 水分、冷たい飲食物、冷感グッズ、日差しを遮る傘やすだれ、化粧品、冷房などなど。

 その中でも一部の人の頭を悩ませる、クーラーについて話をしたい。


『クーラーくんは冷たい』


 重要なのは一部の人に対してだけ冷たいということである。

 世の中にはいるだろう。冷房の設定温度が高いと、周囲に確認をとらずにぐんぐん下げていく輩が。

 人が裸の状態で快適と感じる温度は20度らしい(風はないものとする)。というのに20℃さらには19、18と下げていく。なぜ自ら快適な温度より寒い環境に身を置くのだろう。ちなみに冬は何℃にしているのか教えていただけないだろうか。耳打ちでどうぞ。


 さてここで、登場人(?)物の紹介しよう。

 悩みの種であるクーラーくんは三兄弟である。

 部屋の中央でどっしり構える長男に、その両脇をかためる双子ちゃん。なお長男と双子ちゃんのリモコンは別である。長男のみ、双子ちゃんのみのときもあれば、全員が出勤していることもある。たいへんご苦労さまである。


 人の多い空間の場合、最初に出勤した人が冷房をつけることが多いだろう。しばらくしてから扉を開けて、きんきんに冷えた職場に足を踏み入れたとき、思わず扉を閉めて帰りたいと思ったのは私だけでないと信じたい。なので出勤早々することは長男の設定温度20℃をぎりぎりまで上げることである。

 動き回る仕事ならまだしも、デスクワークはだいたい座りっぱなしである。理由がなければ席を離れにくい。膀胱炎になる前に立ち上がろう。

 他の部署から伝票が届いていないか、以前はふらっと席を離れることもあったが、完全隔離された空間に引っ越してからはできなくなった。ついにはあまりの寒さに廊下で日向ぼっこをするようになった。気分は縁側である。軽いストレッチもすれば少しは楽になった。


 寒さについて、冷房の形状によってはなるものをつけているところも多いだろう。

 長男にはこの風よけが四方向設置されているが、双子にはない。これがまた悲劇を生み出す。

 風の当たりやすい人が風よけを自ら設置することもあるだろうが、長男も双子ちゃんも業者に連絡をし、風よけを連休中に手配してくれることになっていた。

 しかし連休明けに来てみれば、長男にしか設置されていない始末。加えてあまり効果を感じない(後日、気の利いた方が時間外に調整してくれた)。

 そして長男が改善されて一安心と胸をなで下ろしていたら、なんと双子ちゃんが牙をむき始めたのである。

 双子ちゃんの凶悪さは局地的(両端の席)に風を感じることにある、風の届かない席にうまく座られた方はクーラーが動いていることに気付いていないかもしれない。

なんてうらやましいのだろう、ぜひその席を譲ってほしい。


 話を戻そう。双子ちゃんの片割れの風は私の頭部から肩まで直撃した。頭を上から押さえ付けれられているようで、頭痛薬を手放せなかった。顔面の風もうっとうしいので、風よけをつけられないならば私の頭に風よけをつけたかった。たまにカーディガンやひざ掛けを頭に被っていたのは私である。そこまでして、私が寒がっていることをようやく周りに気付いてもらえる。私としてはこの寒さの中で半袖でいる人の方が信じられなかった。


 暑さ寒さを大きな声で発言する人物がいないため、みんながどう感じているかは必然的に探り合いになる。お昼休憩で気の置けない人と確認をとれたときはいい。そうでないとき、隣の人に毎回尋ねるのも気が引ける。特別に涼しい日ならまだしも、毎日となれば聞かれる方がうんざりしてしまうに違いない。毎日が冷蔵庫に詰められている気分であった私は、どうすればよかったのだろうか。


『クーラーくんは冷たい』


 きみの冷たさに逃げてしまいたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます