きつねとうさぎ

作者 石燕 鴎

24

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

お団子アドバイザーの武蔵アラハバキ丸と申します。今回はお狐様のお団子供給に関してのソリューションをプレゼンさせて戴きます。

クライアント様では過去に江戸までお団子のトレードをされているとの事ですが、お住まいから少々離れているようで大変利便性が損なわれていると、こう伺っております。
お狐様は農耕神ですので平野部にお住まいかと思いますが、一つここは街道筋の茶屋のご利用や、15夜のお供物の転用をご検討頂くのは如何でしょうか? 武蔵の…というお話から、茶屋の利用に関しては中山道乃至は東海道筋のご利用が可能ではないか…とご提案申し上げます。
また、お砂糖のお話が御座いましたので…時代背景的に農村部でしたら庚申講に人に化けて紛れ込み、お団子を頂くと共に農村共同体における農作物に関するトラブルをリサーチの上、ソリューションプロバイダーとしてWin-Winでシナジーを目指すというディレクションも検討に値するかもしれません。そちらに関しましては当方にも青面金剛様を初めとして優秀なアドバイザーをご用意出来ますので是非ともご用命下さい。あ、こちらパンフレットとざっくりとしたお見積もりで御座います。