「トリートメント」

「花の匂いがするぞ」

「え?」

「貴様の髪からだ家畜。妾のため色気づいたか?」

「身に覚え、あ! 学園で貰った試供品の流さないトリートメントですかね」


 私の頭に鼻を寄せ、くんくんにおいを嗅いでいる彼女は犬のようで可愛かった。

 ふふっと笑えば視線をくれたので。


「後で、あなたの分も貰ってきますね」

「うむ、妾に献上することを許す!」


 尊大な態度なのに、こういう細かい所に気づくなんて、やっぱり彼女も女の子だなと思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます