「嘘つきの日」

「あなたのこと、大嫌いです」

「……は?」


 土筆つくしの皮を剥くのを手伝っていてくれた彼女に告げるとぽろりと取り落とす。

 言葉をなくす彼女に。


「なぁんて! 嘘で!?」

「……たわけが!」

「す、すみません」


 思いっきり右頬をビンタされた。叩いた手を握って涙の膜が張っている赤い目で睨まれる。


「今日はエイプリールフールなので! 意味が逆になるんです……」

「逆……?!」


 やっと意味を理解してくれた彼女に、今度は左頬を叩かれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます