「春の3C」

「ズィーク、わかってますね」

「もちろんです、マスター」

「……何をしておる?」

「あ、春の3Cに出す料理を作ろうかなと」

「すりぃしぃ」

「創作料理大会です」


と告げれば彼女は首を傾げる。


「学園行事だ暗黒神」

「また珍妙なものよな」


そう言うと台所の椅子に腰掛けた。見物するらしい。


「今年は製菓部門でいきましょう」

「はい!」


鍋に小豆、砂糖、塩。


鬱金うこんも入れましょう!」

「「待て」」


それはない、と彼女と2人で止めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます