罪人⑦

次の日もまたその次の日も僕達は、同じ場所にいた。動けなかった。




理由は、一つ。



今さらなんだけど。



魔女がどこにいるのか、有力な情報がゼロだからどこに行けば良いのか分からなかった。



こうして足踏みしている間にも少しずつナツの腐敗は進行し、今では走ることが出来なくなっている。




今夜ーーー



僕は、ナツの新しい体を錬成することを決めた。




夕食を食べた後、ナツは近場にある公衆浴場にアンナと二人で出掛けた。


その後ろ姿は、本当の姉妹のように微笑ましくて……ずっと、見ていたかった。癒された。





チリン………リン……。




深夜。僕は、ジャングルのような森の中にこっそり造った地下室に行き、そこで錬成の準備を始めた。



「体調は、どうですか?」



「大丈夫……。元気です」



新しい『器』に赤い薬を手渡した。


その薬を躊躇なく飲み込む女性。すぐに女性は意識を失い、そのまま静かに亡くなった。



「…………」



また1人、罪のない人を殺めてしまった。



すぐに僕は、この名前も知らない女性の体をナツの体に変異させた。女性が身に付けていたアクセサリー類は、ゴミ箱に捨てる。



「…………はぁ」



暑くもないのに額から汗が流れた。



僕の精神が崩壊するのが先か。


ナツの治癒が先か。



どちらにしても時間的余裕はなかった。




帰り支度を済ませ、部屋を出ようとした時。誰も来ないはずの地下室に人の気配を感じた。僕には、誰か分かった。




「アンナでしょ? 隠れてないで出ておいで」



柱の影から、小さなアンナが姿を現した。しっかりと食事を取り、体も清潔に保った少女。パッと見、彼女がアンデッドだと気づく人はいないだろう。



「その人、殺したの?」



「うん。殺した」



「どうして?」



「ナツの体を錬成するには、別の人間が必要なんだよ。失敗は、許されない。『器』は、完璧でないと」



「サトルさんは、悪い人なの?」



「うん。悪い人。罪人」



「………違う。あなたは、悪い人じゃない……と思う」




地下室を出た。新鮮な空気を思い切り吸い込む。見上げた星空に吸い込まれそうだった。



「アンナ………。もし………。もしさ。僕に何かあったら、アンナがナツを守ってあげて。お願い」



「そんな悲しいこと言わないでください」



「………ごめん。でも頼むよ。ナツは、僕のすべてだから。だから、守って」



アンナは、泣いているみたいだった。


本当に優しい子だ。



「帰ろうか。明日は、ここを離れよう。大都市に行ってさ、情報を集めて、早く魔女を見つけないと」



「そうですね」



最後にこの夜空をもう一度目に焼きつけた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます