そして十二時の鐘は鳴った

作者 猫柳蝉丸