第38話 最期

 私は父が話をしたがっているという報告を受け、父が寝ている部屋へと向かった。


 扉を開けて中に入る。


 中にはベッドに父が寝ているだけで、他には誰もいない。二人きりの状態だ。


「父上、お呼びでしょうか」

「アルスか、よく来た」


 父はしっかりとした口調でそう言った。

 最近ではまともに喋ることができない状態になっていたので、父のはっきりとした声は久しぶりに聞いた気がする。


 痩せ細ってしまっているその姿は変わらないが、今日の父には瞳に生気があった。昨日までは意識があっても虚な死人のような瞳であったが、今日の父には昔と同じく、見るものを怯ませるような目力があった。


「少し暑いな。今、何日だ?」

「十一月二日です。暑いのなら扇ぎましょうか?」

「その必要はない。もう夏か。少し前までは春だった気がするが、だいぶ寝てしまっていたようだな」

「ええ、父上が寝ている間、大変でしたよ。早く良くなってもらわないと困ります」

「分かっておる。この程度の病気、明日にでも治してみせる」


 父がそう言ったあと、数秒間部屋は静寂に包まれる。


「アルス、お前にはまだまだ話していなかったことが、たくさんあったな」


 私の目を見つめながら、父はそう言った。


「父上のお話なら、何でも聞きたいと思っております」

「話すまでもないくだらない話を今する必要はないか。私の今までの人生について話そう」


 父はそう言って、天井を見上げた。


「私はこのランドルフとは、別の場所に生まれた。ミーシアンの片隅にある農村だ。そこの領主は税を多く取る悪徳領主で、常に貧しい暮らしを強いられていた。そんな暮らしに耐えかねて、十歳くらいになった頃、私は家を飛びだし村を飛び出し、町に行った。ちょうどその日はミーシアン総督が、その町に訪れている日だった。町の領主はミーシアン家でも古参の貴族で、パーティーに総督を招待したか何かだったな。昔の話なので細かくは覚えていないが。そんな朧げな記憶だが、はっきりと覚えている事がある」

「何でしょうか?」

「総督が大きな白馬に跨りながら、豪華な鎧を身につけた兵たちを引き連れ、町の通りを進んでいく様子だ。その時、私は衝撃を受けた。それまで貴族といえば、私の実家を治めていた悪徳領主をイメージしたものだから、総督のその立派さ、壮大さに衝撃を受けたのだ。あれを見てから、総督になって、大勢の兵を率いるような人間になりたいと思っていたのだったな」


 父は遠い目をしながら昔を懐かしむように語る。

 昔は農民だったとは知っていたが、具体的にどういう人生を歩んできたのかは、初めて聞くことだった。


「それから独学で剣の練習をして、兵士になって死に物ぐるいで戦って、戦功を上げてからルメイル様に取り立てられ、気づいたら領主になっていた」

「父上は今でも総督になりたいと思っておられるのですか?」

「ふっ……そんな気持ちは結婚してお前が生まれた時くらいになくなった。弱小領主だが、昔に比べて天国のような生活に満足したのだろうな」


 父はそう言い終えたあと、「ゴホゴホッ!」と咳をし始めた。


「大丈夫ですか!?」

「ゴホッ! ゴホッ! ……はぁ……少し喋りすぎたみたいだな」


 父は息を整える。


「…………アルス、後は頼んだぞ」

「……」

「このランベルクにあるものは、私の人生を賭けて得た宝だ。家臣たちを、領民たちを、妻を、レンとクライツを、頼んだぞ。まだ子供であるお前に頼みなどという事はしたくはなかったが、こうなれば仕方ない。アルス、お前にはほかの誰にもない、人の才を測るという力がある。ローベント家を正しい道へと導く事ができるはずだ」

「父上……」

「それとお前の事だからもしかしたら、責任を感じておるかも知れんが、それは違う。これは私が自分で決めた道だ。お前は堂々と胸を張って、ローベント家を継ぐのだ。分かったか?」


 私は返答に困った。ここで返事をすると、父が死ぬという現実を認めることになってしまうと思ったからだ。


「アルス黙っているでない。私を安心させて逝かせてくれ」


「………………はい」


 長い葛藤の末、私は頷いた。


「よし、では……頼んだぞ……」


 返答を聞いた父は、目を閉じて安らかな顔で眠りについた。


 それから二度と目覚めることなく、三日後父は息を引き取った。



 ○



「今日よりこの私、アルス・ローベントが、父レイヴンの跡を継ぎローベント家の当主となる!」


 それから父に言われた通り、私は堂々と胸を張ってローベント家を継ぐという宣言を家臣たちの前で行った。


 父が一代で作り上げた、このローベント家。

 まだ弱小のローベント家が厳しいこの時代を生き残るのは難しい。


 強くならねば。


 必ず自分の力を使い、ローベント家を強くし、父の作り出した物を守ろうと、私は決意を固めた。


 そしてそれから数日後、ミーシアン総督の息子、兄のクラン・サレマキアが挙兵をしたという情報が入ってきた。


 その日から、ローベント家当主としての闘争の日々が始まった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます