転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~

未来人A

第1話 転生

 この夏、父が死んだ。


 農民に生れながら、持ち前の武勇で、下級では有るものの貴族まで成り上がった男の生涯は、三十九年という短さで幕を閉じた。


 父は長い間病に苦しんでいた。


 強靭な肉体を持っていた父も、徐々に痩せこけて別人のようになり、最後には眠るようにして息を引き取った。

 あれだけ苦しんでいたというのに、死ぬ間際は安らかな顔をしていた。

 人間というのは死ぬ前は、苦しみが消えるものらしい。


 葬儀の日、父の遺体は火葬された。

 火葬が許されぬ地域も、このサマフォース帝国にはあるのだが、ここいらは火葬が主流であった。


 メラメラと燃え盛る火と、立ち上る煙を見て、父が死んだということの実感が湧いてきた。


 ある事情から、私は父を心の底から父で有ると、思ったことはなかった。

 しかし、それでもこの世界で一番信頼し、一番尊敬していた人間であったことには間違いない。


 涙が込み上げてくるが、グッと堪える。


 泣いてはいけない。


 私がこれからなすべきことを考えると、絶対にここで泣いてはいけない。


 父の葬儀が終わったあと、私は父の部下だったものたちを集めた。


 私は立派な衣装を身につけ、少しでも大人の男に見れるように気を配り、皆の前に立つ。


 そして堂々と胸を張り、こう宣言した。


「今日よりこの私、アルス・ローベントが、父レイヴンの跡を継ぎローベント家の当主となる!」


 それは、日本で一度死に、この世界に転生して、十二年目の出来事であった。





 その日、私に訪れた死は、あまりにも呆気ないものであった。




 私は、三五年間、日本という国で実に平凡な人生を歩んできた男だ。

 ごく普通の家庭に生まれ、小学校に行き、中学校に行き、高校に行き、大学に行き、そこそこの企業に入り、年収も450万と平凡である。


 普通じゃない点といえば、結婚していないことくらいだが、それも今の少子化の世の中にあっては、普通の事と言ってもいいかもしれない。


 ……まあ、彼女もまともに出来たことがないというのは、普通ではないかもしれない。


 顔は自分では普通だと思っているのだが、やはり性格に問題があるのだろうか。

 積極性に欠けるとは、色んな人から言われてきた言葉だ。常にぼんやりしているとも言われたことがある。


 外れてはいない。確かに私は本気で好きになったこと以外、そこまで熱中したり積極的になったりしない性格だ。

 彼女ができなかったのも、本気で好きになった女性が、今まで一人もいなかったからなのかもしれない。


 さて、今日は月曜日だ。

 昨日まで休日だったため、憂鬱であるが出勤しないといけない。


 愛用しているビジネスバッグを右手に持ち、左手でドアノブを回し、扉を開け外に出る。


 鍵を取り出して、鍵をかけようとした、その時、


 ドクン!!


「!!?」


 尋常じゃない痛みが胸に襲ってきた。

 手が大きく震え、鍵とビジネスバックを地面に落とした。そのあと、私は手で胸を押さえる。

 あまりに痛みに息ができない、立っていられない。地面に倒れこんだ。


 何だこれは、何なんだ。


 痛みで頭が正常に働かない。何も考えられない。


 そのまま、視界が暗くなってきて、意識が遠のいていく。


 状況が何も理解できないまま、恐ろしいほどの苦痛とともに、私の意識は暗闇の中に落ちていった。




 ○




 目覚めた時、私の目に写っていたのは、女性の顔であった。


 状況が全く飲み込めない。


 遡って一から考えてみよう。


 まず、私はいつも通り出勤をしようとしていた。

 それで、家を出て鍵を閉めようとしたところで、強烈な胸の痛みが襲ってきた。


 気付いたら女性の顔が前に。


 少し丸めの愛嬌のある女性の顔だ。

 日本人ではない。白人である。


 胸の痛みで倒れたとするならば、ここは病院か?

 しかし、女性はナース服を身につけていない。

 知り合いでもない。白人女性の友達はいない。


 そもそも彼女の表情は、まるで、愛犬を愛でる飼い主のように、和やかな表情をしている。

 倒れて病院に運ばれたものに向ける表情とは、違うだろう。


 女性が口を開けて、何か話しかけてくる。

 何を言っているのか全くわからない。

 外国語だが、本当に全く聞き覚えがない。

 一応メジャーな言語は、話せはしないが、聞けばどの国の言葉くらいは分かる。

 マイナーな国の女性のようである。


 私も口を動かしてみる。動きはするが言葉はでない。

「あー」とか「うー」とかしか、発音できないようだ。

 体を動かそうとしてみるが、満足に動かせない。

 一応動いているみたいだが。


 ん?


 その時、私は自分の手を視界に収めた。


 小さい。驚くほど小さい。


 まるで赤ん坊の手である。


 頭の中がクエスチョンマークで埋め尽くされる。


 やっとの思いで出した、見間違えであったという結論は、もう一度自分の手を見たときにあっさりと、打ち砕かれた。小さいままだった。


 何だこれは。


 何の冗談だ?


 それとも……。


 私はあの時に死亡して、輪廻転生したのか?


 輪廻転生とは、仏教における考えの一つで、死んだ魂があの世に行き、この世に何度でも生まれ変わるという、考えのことだ。


 仏教の開祖ブッダは、生きる事とは即ち苦であると説いた。

 人間の魂は輪廻転生を繰り返し、死んで転生し、死んで転生しを繰り返す事で、ずっと苦しみ続けているのだそうだ。

 修行をして悟りを開く事で、輪廻転生の輪から解脱する事が出来るのだ。


 私は悟りを開いていないから、転生してしまったという事なのだろうか。

 仮にそうでも記憶があるのはおかしいと思うがな。


 とにかく今の私の身に、尋常じゃない何かが降り注いでいるということだけは、理解をした。


 理解したが、声も出せない体も動かせないのでは何をしようもない。


 今は待つしかないか。


 何だか急に眠くなってきた。

 体が赤ん坊であるからだろうか。


 強烈な眠気に抵抗する事が出来ず、私は眠りに落ちた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます