魔女狩り専門の祓魔師 聖腕の祓魔師のお話

縁の下 ワタル

第1話 二人の魔女のお話

これはとある二人の魔女の話である。


「ねえねえ! お姉様! 聖腕ってご存知ですか?」


「聖腕? 聞いたことはありますが?それがどうしたんですか? 」


「これはある聖遺物のことなのですが、これを左手に宿す少年がいるですって、すごくないですか? 」


「すごい? すごいかどうかわかりませんが、確かにもし鉢合わせしたら厄介だとは思いますよ」


「しかもその上級祓魔師で忠義の尖兵を冠しているらしいです! 」


「まあ、正直、厄介だとは思いますが、上級祓魔師の中には50人の魔女を一瞬で葬り去った奴もいるので、聖腕は大したことはありませんよ」


「50人!! を一瞬で……」


「それにあなたはこんな言葉をご存知ですか?」


「? 」


そう言って憤怒の魔女は嘲笑しながら言うことには、


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます