ニート呪詛(じゅそ)使いの事件簿

偽善者!?

想定外の化物

第1話 美人弁護士は本来の業務をしてくれたまえ

「で?どう?今回の事件の犯人は?」

「あのさあ、たかさき君。いきなりそんな事を聞かれても、分かるはずも無いだろう?超能力者じゃないんだぜ?」

 朝っぱらから起こしやがって!!……もうお昼だけども。こうしてハンバーガーショップで、色気のなさすぎる会話をしているのだが。溜息しかでない。

「私がどの事件を調べてるか分かってるんでしょ?御門みかどなら」

「しりましぇーん!!もう帰っていいかな?新作のアニメを見る用事があるんだ!!」

 美人弁護士は本来の業務をしてくれたまえ。アデュー!!グッバイ!!

「ほら?このクールジャパンセットのおまけカード?あげるから」

「ハ、ハーフエルフメイドのカナたんとリナさんのシークレットレア!?まじでえええ!?」

 興味がない人に限って、引き当てるんだもん。不公平だ。ちなみに、俺が引き当てたのは、もっちりクリスティーナですわー!!ふともも最高!!

「……今、世間を騒がしてる通り魔だろ?小学生の女の子が殺された。ニュースで大々的に特集してるやつ。……おかげで、アニメ番組が自粛したじゃないか。事件を想起させるシーンがあるからってさ。あくまで作り物のお話だぜ?ケチをつけたらなんでも自粛してしまうよ。確かに被害者が出たのは、痛ましいよ?だからといって過剰に――」

「やっぱり知ってた。それで、これは極秘情報。なんでも犯人は女児の下着を持ち去っているらしいの」

「なるほど。さっきのランジェリーショップの羞恥プレイの原因はそれね。たかさきくん!?君一人で調査すればいいじゃないか!?男の俺まで連れて行く意味なかったよね!?女性店員に質問攻めされたよ!?『彼女さん、美人過ぎますね!!ぜろ!!リア充め!!』とか!?」

 たかさき君の事だ。犯人の心理を学ぶために、ランジェリーショップに行ったのだろう。でもね、売り場にあるやつと、実際に身に着けてるやつとでは違うのだよ!!

「全然分からない。下着なんてただの布切れでしょ?持ち去ってどうするのかしら?ねえ、御門みかど?」

 わ、わざとらしい奴め。本当に見当がつかないのか、意見を求めているようにも。

「……このカードと同じだよ」

「なにそれ?おまけ?……また訳の分からない事を述べて、ごまかしてるの?」

 あ、呆れられた!?このパンストスーツ弁護士!!パンスト強奪して、顔にかぶってやろうか!!

「コレクション。収集だよ!!いや……犯行達成の記念品か。眺めるたびに、犯行の記憶が、感情が、蘇る!!!!ぐへへへへ!!!!」

「出頭しなさい、御門みかど。微力ながら弁護してあげるから!!いまから、警察に行きましょう!!」

 違うからね!?あくまで参考意見だから!?その仕打ちかよ!?

「行かねーよ!!……それにさ、たかさき君が首を突っ込まなくても、犯人は捕まるでしょ?日本警察は優秀だしね」

「それは……そうだけど。未然に犯罪が防げれば、新たな被害者もでないでしょ?」

 はいはい、ご苦労様な事で。警察官になる事を、おススメします!!

「とにかくだ!!多華たか さき弁護士、余計な真似はご法度はっとだぜ?」

「ちょ、ちょっと!?まだ話は終わってないわよ!?」

 さらばだ、たかさき君!!帰ってアニメ、アニメだよ!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます