第59話 存在理由ってやつ―2




「お待たせしたっぺな、お客さん! これがペッゴ爺特製の義手だっぺ!」

「おおーっ!」


 広い工房の作業机に鎮座するその物体を見、エッドは感嘆の声を上げた。


「これは……」


 腕の太さや指の長さなど、すべてにおいて違和感がない――むしろ、奇妙な懐かしささえ覚えるほどだ。


「残った腕で取らせてもらった型を参考に仕上げたんだけんど、どうっぺか?」

「ああ、すごいな! この上に服を着て手袋を嵌めれば、義手とは分からない」


 磨き上げられた表面を指でなぞり、エッドは心からの賞賛を口にした。

 得意げに頭上を旋回していた球体状の店主は、嬉しそうに解説をはじめる。


機体ぼでぃの大部分は、オラの身体と同じ“瑪瑙炭素アゲートカーボン”。軽いがおっそろしく丈夫で、細剣なんかじゃ貫くことはできねえべ」

「この、肩の部分はなんだ? なんか、ぶよぶよしてるが……」

「ああ、そりゃ“肉”がわりにつけた“胴粘土ブロンズクレイ”だっぺ」


 胴色の“肩”の上に、店主は遠慮なく着陸する。本物の皮膚のようにわずかにたわんだその質感を見て、エッドはまたしても感心した。


「驚いた。本当に、俺が描いた設計図通りに仕上がってる」

「あんたの設計図はなかなか“手強かった”けんど、この部分は特に苦労したんだっぺ。なにせ、敵さんを欺く作戦に使うってんだからなあ!」


 壁にピンで留められた下手くそな設計図を見上げ、エッドは頭を掻いた。


「わ、悪い。絵は昔から苦手でな……。でも、よくここまで“ヒトの肩”を再現してくれた」

「そりゃよかったっぺ。でもなあ、オラは戦闘のプロじゃねえけんど……やっぱり危なくないっぺか? 敵さんにわざとここを斬らせて、聖気に苦しむフリをするなんて」


 ころころと左右に揺れる店主に、エッドは自信たっぷりに頷いた。


「危険なほど、成功した時の成果は大きくなるもんだ。それに相手の攻撃を体の任意の部分で受け止める訓練ってのを、ある時期みっちりやってた経験があるしな……」

「そ、そんな危ないことやってたの? 勇者って、やっぱり大変なんだね」

「いや、ただの友人の“実験”に付き合わされただけだ」


 とある闇術師の姿を思い浮かべ、エッドは遠い目をする。そういえばエッドの献身によって完成したその術は、見た目がこの黒い義手に似ている気もした。まるで練習が実を結んだような、不思議な縁を感じる。


「俺と斬り合えば、奴さんはすぐに義手の存在に気づくだろう。けど、自分が持ち去った部位がどこだったかは覚えているから、今度はそこ以外を狙ってくるはずだ。どこであれ、それは絶対に避けてみせる」

「で、“うっかり”肩を斬られたように誘導するんだね? その後、調子に乗ってるアイツを、ズバッとやって――」


 元仲間への恐ろしい行為を平然と口にするアレイアに、エッドは落ち着くよう手で示してから言った。


「いや、ライルベルは捕縛する。例の契約書を身体のどこに隠しているか、分からないからな。そういう道具は、下手に傷つけないほうがいいんだろ?」

「うー、そっか。それより前に、あたしが取り返してたらいいんだけど」

「ま、現場では何があるか分からないからな……」


 まさかと考えていたことが現実に起こり、想定していたことがまるで起こらない――殺気渦巻く戦いの場では、あらゆることを受け入れ柔軟に対処するしか術はないのだ。


「それでペッゴ。信用してないわけじゃないが、その……」


 黒光りする義手を見下ろし、エッドはあいまいな声を出した。


 王都で見かける最新の義手でさえ、近年やっと木製から鉄、または銀になったばかりだ。確かに機動力がありそうなこの義手ではあるが、生来の腕のように操ることなどできるのだろうかと、今さら不安に思えてきたのである。


「ペッゴ爺を侮っちゃいかんっぺよ、お若いの。ちょうど、駆動する義手ってのはオラの密かな研究分野でなあ。昔っから、色々構想は持ってたんだっぺ」

「そうなのか」

「義手と言わず全身作り上げて、“自律人形オートマタ”を作るのがオラの夢だ! この村はみんな普通より元気だけんど、いつか年寄りばっかになっちまいそうだしな」


 道具屋の壮大な構想に、エッドは感心した。確かに、外から人材を確保できないこの村としてはありがたい話だろう。外見上なにを考えているのかまったく分からない店主だが、その深い優しさの一端が見えた気がした。


「エッド。こっちも出来てるよ!」

「お。見せてくれ」


 アレイアが差し出した小箱の中身を目にしたエッドは、やや緊張した面持ちになる。


「おお……。なんというか……“本格的”なんだな。使い捨てなんだろ?」

「だからだよ! その一回しか、この子は輝けないんだ。完璧にしてあげなきゃ」


 鼻息荒く熱意を立ち昇らせる助手だったが、一転して神妙な顔になる。


「ん? あれ……さっきの作戦がうまくいったら、もしかしてこの子、出番ナシ?」

「依頼した時言ったろ。こっちは切り札だ。使わなくていいなら使わない」

「そうだっけ。作るのに夢中で忘れてたよ。はい、これ説明書ね。こっちで動きは十分試したから、装着しても作動させちゃだめだよ」

「ありがとう。現地で着けるよ」


 小箱とびっしり書きまれた紙片を受け取り、エッドは大事にしまった。


「よし。あとは、いよいよこの腕を着けるだけだな。お二人さん、さっそく頼むよ」

「任せて。そっちこそ、覚悟はできてるんだね?」


 袖を捲り上げて工具を選別し始めた助手の言葉に、エッドは一瞬固まる。


「覚悟って……べつに、痛くないんだろ?」

「え。痛いと思うよ? 接合部に入れる“呪い岩”のプレートなんて、いわば呪術の塊みたいなもんだし」

「呪術って、つまり闇術だろ。俺はほら、亡者だし」


 ハサミに似た巨大な工具の動きを確かめながら、アレイアはからりとした声で笑う。


「なに言ってんのさ! 闇術が魔物にまったく効かないなら、闇術師あたしらなんて要らないじゃん。同属の力でも、大きく上回る力でなら押しつぶすことができるんだよ。だから闇術師は、他の術師より基礎魔力が高くなきゃいけなくて――」

「アレイアちゃん。術師語りもいいけんど、お客さんもきっとお待ちかねだっぺ!」

「あ。ごめんなさいっ」


 店主の陽気な忠告に、助手は恥ずかしそうに口元を押さえる。

 

「えーと。つまりね、エッド」


 物言いたげなエッドの前に人差し指を立てると――挙動がだんだん“師”に似てきている――咳払いしてまとめた。



「たぶん、めっちゃ痛いよってこと。あんたはこれから数時間、“呪い岩”の魔力と戦うことになると思う。でも屈服させられるだろうってのが、あたし達の見立て。それを超えたら、あんたの魔力に腕が従うようになるから。がんばってね!」

「そ、そんなふんわりした説明でいいのか!? もっと、こう――」



 助けを求めるようにエッドは店主を見る。

 球体の身体をくるりと回し、ペッゴは明るく答えた。



「男は気合! 根性! 愛情! だっぺよ、エッドさん!」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます