第36話 シマ三号―2




「えっ、なになに!?」



 突然の絶叫に驚いた少女が隣で飛び上がるのにも構わず、エッドは友を振り返る。


「ろ、ログレスお前――これ、“モリブルッドの花”じゃないか!?」

「毎日持ち歩いていた割に、気づくのが遅いですね」

「今日は、魔力を充填する日だから預かるって」

「な、なに、その花? 大事なもんなの」


 きょとんとしているアレイアに、ログレスは涼しい顔で淡々と説明した。


「妖精から賜った、貴重な魔力貯蔵の花です。僕の魔力を閉じ込めており、普段はエッドが持って制御の要としています」

「その制御って? さっきも言ってたけど」

「彼は、これでも歴とした魔物ですので。感情の昂りによって、亡者の本能に自我を呑まれる可能性があります。……それを抑え込むため、“カンネルの複合式理論”を用いて」

「講義は後にしてくれ!」


 エッドは鋭く言い、水晶ナメクジの上部を両手で掴んだ。


 激しく明滅し始めた“シマ三号”は、ねばねばとした粘膜を分泌してエッドに抵抗する。アレイアが、術師とは思えない動きで飛び退いた。


「刺激しないほうが良いですよ」

「なに悠長に言ってんだ! そもそも、なんで食わせたんだよ!?」

「落ち着いてください。心配せずとも、貴方に返しますから」

「え……」


 エッドが振り向くと、ログレスは指で黒い胴衣の胸を叩く。

 背後でアレイアが、はっと息を呑む音が聞こえた。


「そっか! 結晶化して、エッドの胸の穴を塞ぐんだね?」

「ご名答。現在の押し花状よりも格段に強度が上がりますし、心臓の位置にはめ込めば、魔力の循環をより促進させられます」

「すごい。超かっこいいじゃん!」


 術師同士の頷きを交わす二人に、エッドは不機嫌な声で割り込んで言った。


「ああ、なるほどな。魔力の塊が胸に入るなら、俺としても文句はないよ。けどな、それってつまり、こいつのウ――」

「排出物、と言ったはずです」

「急いで遮るあたり、お前もちょっとはそう思ってんだろ!?」


 エッドの哀れな嘆きを聞き、友は妖しく微笑んだ。

 この男の笑みの理由は、いつも周りの期待を打ち崩すものばかりである。


「水晶ナメクジは、取り込んだ物質同士を体内で混ぜることはありません。しかもその結晶化技術は、王都の宝飾師でさえ到達していないほどの腕前です」

「そりゃ――王都じゃちょっと珍しい“やり方”だろうしな」

「不純物を含まない、純然たる魔力の結晶。しかも、恒久的に魔力を閉じ込めることができるのですよ。これ以上の素材はないでしょう?」


 自信たっぷりにそう説明されると、エッドとしても言い返せない。

 確かに、土や鉄を詰められるよりも効果的だろう。敷物の上に戻った“シマ三号”が、再びのろのろと作業を再開したのを見つめ、エッドは遠い目をした。


「さて。結晶が貴方の胸にきちんと嵌るよう、液状のうちにこの容器に流し込んでもらいましょう。排出された後、きれいな棒状になるはずです」


 黒い金属で出来た筒を遠慮なく魔物の口に押し込むログレスを見下ろし、エッドは半歩下がった。服の下に空いた穴をさすりながら、恐々と尋ねる。


「お前、それ……」

「この魔物には溶解できない素材で作った筒ですので、ご安心を」

「いや、そうじゃなくて……つまりその筒、俺の心臓の穴にぴったりってことか?」



 いつになく横に広がった友の口元が、すべての答えを物語っていた。







「さて。貴方の新たな“心臓”を作っている間に、話しておきたいことがあります」



 湯気の立つカップから口を離し、ログレスは静かに切り出した。

 エッドは羨ましそうに、肘掛け椅子で寛いでいる友を見る。


「……いいなあ」

「この薄いハーブティーがですか?」

「わ、悪かったね! まだ、ここの茶器に慣れてないだけだもん」


 向かいの長椅子に収まっている作り手の少女は、不躾な感想にぷいとそっぽを向く。

 エッドは長椅子の縁に腰掛け、苦笑した。


「いや、飲み物を楽しめること自体がさ。飢餓感はないけど、気持ち的にな」

「そっかぁ……大変だね。あ、そうだ! ちょっと待ってて」


 行き先を訊く暇もなく、少女は風のように部屋から駆け出していく。

 ほどなくして、隣にある調理場からなにやら賑やかな音が聞こえてきた。


「……注文とは贅沢ですね、亡者。僕が出した食事に、手をつけているのを見た記憶がありませんが?」

「そもそも“食事”が出てきた覚えがないんだが。それとログ、食事は作り手の気持ちをいただくもんだ。どんな味でも、ちゃんと礼は言わないとな」


 マグを視線で示しながら、エッドは不器用な友に助言する。


 これは父からの受け売り――母はなかなか刺激的な味覚の持ち主だった――だが、友人は紅い目を少し大きくして言った。


「しかし……真実を伝えたほうが、後の上達に繋がるのではありませんか?」

「まあ、そういう場合もあるけど。単純に、作ったら“美味い”って言ってほしいんだよ」


 眉を寄せて真剣に言葉の意味を探求し始めたログレスを置いて、エッドはひとり記憶を辿った。

 

 今は本が山積みとなっている目の前のテーブルには、少し前までは豪華な食事が並んでいたものだ。



“作りすぎちゃいました。この村の野菜、本当にどれも美味しくって”

“……。これほど、死んでるのを恨んだことはないな”

“ご、ごめんなさい。貴方は見てるだけなのに。辛かったら――”

“いや。君が食べてる姿を見るのが好きなんだ。幸せそうだから”

“なっ! じゅ、術には意外と体力を消費するので、たくさん食べる必要があるんですっ!”

“はは。量のことは触れてないだろ? 気にしてたのか”



 そう指摘すると、彼女は白い頬を桃色に染めて悔しがっていた。

 早くも懐かしいと思える日常を思い出し、エッドはひとり微笑む。



「お待たせー! あたし特製、スペシャル亡者ブレンドだよっ!」



 かちゃかちゃと楽しげな音を響かせ、アレイアが盆を手に戻ってきた。

 小腹も減ったらしく、ちゃっかりとパンのカゴを腕に引っ掛けている。一部の本を退かし、てきぱきと茶器を揃えた。


 丸々とした白磁のポットから若草色の液体が落ちると、エッドの鼻腔が反応を示した。


「お? いい匂いだ」

「でしょでしょ。さっき、村長の奥さん家で見かけて、ちょっと譲って貰ったんだ」

「ほう。カエルの干物か何かですか?」

「失礼だな、ただのビーガラモガラだよ!」

「……僕の記憶違いでなければ、毒草のはずですが」


 カップに近づけていた鼻を慌てて引っ込め、エッドは作り手を睨んだ。


「安心して。燃やして虫除けにも使えるけど、あたしの故郷じゃすり潰してレモンと一緒に飲み物に入れるんだ。クセがすごいけど強い魔力を含んだ草だから、あんたにもどうかなって」

「へ、へえ……」

「ログレスはこっちね。さっきと配合変えてみたから、どーぞ!」


 カップをそれぞれに押しやり、アレイアは腕組みをした。


 口をつけないという選択はなさそうである。

 ちらと友に視線を送ると、彼はしぶしぶ頷いた。



「うぉ、うまっ! なんだこれ、すごい美味い!」

「……多少、深淵へと近づいたようですね」



 無事に挙がった二つの賞賛の声に、アレイアは薄い胸を張る。

 実は緊張していたのか、一気に肩の力を抜くと言った。


「ん。それなら良かったよ。レシピ、書いて調理場に貼っておくね」

「ああ、ぜひ頼む。……いや、ほんとに嬉しいよ」


 頬を緩ませ、エッドはもう一度カップを傾ける。


 レモンの爽やかな酸味に、胡椒のような辛味を持った薬草の刺激が舌上で弾ける。食事の喜びを感じたのは久しぶりだ。


「やっぱ、それぞれの好みに合わせて淹れるのが一番だね」

「それはメルも言ってたな。面倒じゃないかって訊くと、もう趣味の域だって」

「あ、わかるわかる! 地味なんだけど、なんか極めたくなっちゃうんだよねー」


 明るい笑い声を上げる少女に、エッドはますます好感を持った。

 彼女が帰ってきたら、共通の趣味を持った友人になれるかもしれない。



 そう――まずは、“帰って”きてもらわねば。



「では、補給を終えたところで話を戻しましょう」



 同じ考えを持ったのだろう。ログレスは合図するようにテーブルにカップを置くと、仲間たちを見回した。


「確か、話しておきたいことがあるって言ったな」

「ええ」


 エッドの確認に、友はまるで夕食の献立を告げるかのような気軽さで答える。



「このままウェルスに渡れば、我々は敗北します」



 黙々と生成作業に勤しむ魔物の咀嚼音だけが、静まり返った部屋に響いていた。



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます