学園に蔓延る悪を退治したい話

@tattoz

第1話 プロローグ

 一年前

 杉崎紫苑は、高校一年生になった。

しかし、その一週間後不慮の事故で死んだ。

死因は、車との衝突による事故死。

道路に飛び出して、ちょうど来た2トントラックに撥ねられての死亡だった。

否、そのはずだった。

十分後、目を覚ますと杉谷紫苑は生きていた。

傷一つなく生きていた。

轢かれたところを見た人はいなかったし、彼自身も轢かれたことの記憶はなかったが、”死んだ”という自覚だけはあった。

彼は、その事を学校に行ってから、友人に話した。

友人に話すと徐々に友人は離れていった。

二週間後、彼は聞いた。

友人が車に轢かれて死んだ。と

彼は混乱した。

自分と同じ死に方を友人がした。

しかも、友人は生き返っていない。

彼は、なぜか責任を感じた。

自分は何もしていないはずなのに、彼には、何も責任はないはずなのに。

少したって、彼は思った。

なんで、俺が責任を感じなくてはならないのか、と

友人は友人で勝手に死んだだけなんじゃないかと

しかし、彼が二年生になったときに、事態は動き始める。

この物語は彼、杉谷紫苑が色々あった末に幸せへとたどり着く物語である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます