水の人

吉正

前書き

この度はこの小説を読んでいただきありがとうございます。


前もって言っておきますが、この小説は僕が書きたいと思ったこと、を思った設定を、思ったセリフを、そのまま書いているだけの小説、つまりほとんど趣味のような内容になっております。


ですが、こうしてネットという世界にあげているので、真面目には書いているつもりなので、温かい目で見てくださればありがたい限りです。


僕自身は毎日投稿を心がけておりますが、執筆の都合上そうできない場合もありますので、あまり重たい期待はよせないようにお願いします。


また、話の内容など不明に思った点などは遠慮せず是非コメントしてくださればできる範囲で対応させていただきます。


そしてあわよくば、この小説の評価やレビューなどもしていただければ、ありがたいです。そうすればきっと僕の執筆速度も上昇します(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます