アイムキャット❕❕❓~異世界キャット驚く漫遊記~

@ma-no

第一章 森編 猫の生活にゃ~

000 プロローグ


 冬の寒さが和らいだその日。縁側で日向ぼっこをしている老人の命が、尽きようとしている。


 わしも、今日で百歳か……今までいろいろあったのう。金持ちとは言えないが、食べる物に困らない少年期。悲しみの多かった激動の青年期。苦労は多かったが、幸せな出会いに恵まれた壮年期と中年期。晩年は……孫とオンラインゲームばっかりしておったな。

 戦争で大切な者もたくさん失ったが、その後は妻と出会い、子供、孫、曾孫まで見ることが出来るとは……

 今日もわしの誕生日を祝うために、多くの者が集まってくれておる。つらく悲しいことがあったが、幸せな人生だったのう。



 老人は、思い出を反芻はんすうしながら目をつぶる。



 そして、老人は新たな旅立ちに出るのであった……



「ここは……」


 老人が目を覚ますと、美しい景色が広がる川に浮かぶ船の上であった。


「さっきまで縁側にいたはずなんじゃが……これは……夢か? こんなに綺麗な夢は初めてじゃ」


 老人は自分の夢だと思い込み、周りを見渡しながら川の流れのままに、船の進路を任せる。しばらくすると、船はひとりでに着岸する。


「夢なんだから歩かせなくてもいいんじゃが……船は動かないみたいじゃし、どうしたものか……」


 きょろきょろと辺りを見渡すと、柔らかい光が指している場所を発見する。


「とりあえず、あそこを目指すか……しかし、綺麗な場所じゃのう。女房にも見せてやりたかったのう。いや、夢の中では無理か。じゃが、わしの見た景色にこんな綺麗な場所はあったかのう?」



 老人が綺麗な風景に目を奪われながら歩くいていると、いつの間にか、光の下へ辿り着く。


「お待ちしていました」


 そこには、見たこともない美しい女性が立っており、優しい声で語りかけて来た。


 なんじゃ、このべっぴんさんは!? この世の者とは思えぬほどの美人さんじゃ~。



 老人が見とれながら呆けていると、女性が話し掛けてくる。


「嫌ですわ。そんなに褒めても何も出ませんよ」


 あれ? 声を出していたかな?



 老人が悩んでいると、また女性に話し掛けられる。


「私は考えている事を読む力があるのですよ。なにせ、私はあなた方が神と呼ぶ存在ですからね」



 そう言って女性は威張りながら胸を張る。そして、驚いて声も出せない老人に話を続ける。


「鉄之丈さん、『死後の世界』へようこそ。私はアマテラスと申します」

「アマテラス? あのアマテラス??」

「そう言えば、鉄之丈さんの生まれた場所では、私の事が受け継がれていましたね。でも、あの話は名前以外、いろいろな話が混ざったり、創作されている箇所が多いので、正確とは言えませんね」


 なんで名前を知っているんじゃ? 死後の世界? アマテラス? これは夢じゃないのか?


「あらあら。混乱していますね。それでは、整理してあなたの現状について、お話させてもらいます」



 どうやら、わしは死んだらしい。


 生命は死ぬと「死後の世界」という場所に、魂が集められるみたいだ。そして、その魂の徳の高さによって、次の魂の宿り先が決まるとのこと。徳の高さで選べるコースは、大まかに言うと二つ。輪廻転生コースと転生コース。


 輪廻転生コースは、元の世界に生まれ帰る。徳が高いと霊長類、さらに高いと人間。ランクも貧乏人、金持ち、危険な地域、安全な地域と選べるらしい。徳が低いとアメーバーや単細胞生物、ノミやミジンコとなるみたいだ。


 転生コースは、元の世界ではなく、違う次元。地球とは違う進化を遂げた世界の生物に魂を宿らせるみたいだ。爬虫類が進化した世界や、鉱物が生命体となった世界、化学が地球より発展した世界、科学の代わりに魔法が発展した世界もあるらしい。



「鉄之丈さんは、稀に見る徳の高い魂ですので、選り取り見取り。記憶を持ったまま転生も出来ますよ。私のお勧めは、魔法の使える世界ですね。日本の若い人に大人気なんですよ。と、言っても若い人では、高齢の鉄之丈さんのように徳を貯める時間が少ないので、行くのは難しいんですけどね」

「そう言われましても、わしは若くないですからのう」

「何を言っているのですか。次に宿る世界では赤ちゃんからですよ? そんな年寄り染みていて、いいのですか!」


 軽く怒られてしもうた……


「たしかに、そうですな。これから新しい未来に生きるのですから、心機一転、若人に戻ったつもりで頑張ろうかのう」

「若人って……はぁ。まぁいいです。それでは希望のコースと、ご希望があれば遠慮せずおっしゃってください」

「いきなりですな。少し考えさせてくれませんかのう?」

「あ、そうですね。どうぞどうぞ」



 さて、どうしたものか……まず輪廻転生か、違う世界への転生じゃったな。さっき言っていた科学の発展した世界はかれるのう。もしかしたら、宇宙旅行なんて出来るかもしれんしのう。


「出来ますよ」


 考えているんだから、わしの心を読んで、合いの手を入れないで頂きたい。

 それとも、おすすめの魔法の世界か……手から火を出したりするんじゃろうか? 孫とやったオンラインゲームみたいじゃし、たしかに惹かれるが……今、チラッとアマテラス様を見たら何か言いたそうにウズウズしておったな。これは、早く決めた方が良さそうじゃのう。



「決まりました。輪廻転生コースでお願いします」

「え~~~! 久しぶりに徳の高い人が来たのに、もっと面白い世界に行きませんか~? 魔法、カッコイイですよ~?」


 あからさまに残念そうにされた。口調まで変わって、どうした?


「輪廻転生だと簡単過ぎて、仕事した感がないんだもん」


 子供か! それと、心も読むな!!


「え~~~~!」

「もう決めましたので、輪廻転生でお願いします!」

「残念ですが、わかりました……それでは地域、経済状況、容姿、その他ご希望はありますか?」

「そうですね。息子が継いでくれた会社が気になりますので、家から50キロ圏内で金持ち、美男子でお願いします。この条件でも記憶は持って行けるのですか?」

「もちろん大丈夫ですよ。それでは、そのように手配しますね。次の人生も楽しんで来てください。では、良い旅を……」



 そう言うと、アマテラスは両手を鉄之丈に向け、なにか呪文のような言葉を呟く。すると、鉄之丈の体は輝き出し、光の球へと変わる。しだいに、ふわふわと浮上し、鉄之丈は新しい人生に向かって旅立った……


「良い旅を……」



 アマテラスは再び旅立ちの言葉を告げると、背を向けて、新しく「死後の世界」に来る魂に会いに行くのであった。鉄之丈の魂が、他の魂とぶつかり、進路を変えたと気付かずに……





 ん、んん~……何かで拭かれている感触がある。産まれたのか? と、言う事は……ここは病院のベッドか。



 鉄之丈は目をこすり、開き辛いまぶたを開けると、そこには巨大な化け猫の姿があった。


「にゃ、にゃ~~~~~!!(ぎゃ、ぎゃ~~~~~!!)」


 鉄之丈が驚き、大声をあげると、巨大な化け猫は優しく語り掛けてくる。


「どうしたの? 何も怖がらなくていいのよ。お母さんが守ってあげるからね」



 どうやら鉄之丈は、猫に転生してしまったようだ。本人の希望は叶わずに……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る