第26話 VS勇者パーティ ②


 2人の巨大魔法は完成直前。だが、十分に間に合う距離だ。


 前衛を失い、守りのなくなった後衛は脆い。


 さらに魔法発動直前になれば集中力を魔法につぎ込んでいる。




 ベルトは左に1歩目。右に2歩目……と短時間でトップスピードに入るため左右に大きく、ブレるように足を出す。


 そして、最加速を実現させるための3歩目。




 ――――だが、3歩目は足が地面に着かなかった。




 大きく前のめりになるベルト。




 (つまずいた? 小石か? ……いや、そんな馬鹿な!)




 倒れ行く体。


 しかし、ベルトは強引に右足を地面に着き転倒を防ぐ。


 そして、見た。 自身の背後。 何が加速を邪魔させたのか?


 巨体が地面を這い、ベルトのズボンの裾を掴んでいた。


 その巨体はアルデバランだった。




 (意識が戻った? いくらなんでも早すぎる)




 ベルトの思考通り、アルデバランは意識を失っていた。


 失った状態でありながら――――


 ≪浄化≫のために近づくメイルを突き飛ばし――――


 背を向けて、走り出そうとするベルトに対して――――


 地を滑るよう飛びついて、その動きを止めたのだ。




 「お前……そこまで……そこまで、俺が憎いのか?」




 泣き出しそうであり、そんな自分を耐えるように笑っているような――――


 そんな複雑な顔をベルトは見せた。


 しかし、それも一瞬のみ。


 直ぐに戦闘思考能力を稼動させる。


 もう、マシロ姫とシン・シンラの魔法は止められない。


 もう、間に合わない。


 だが、避けることなら可能だ。




 ズボンの裾を掴むアルデバランを振り払い。


 そのまま、意識のない彼を見捨ててなら……回避する事は可能だ。




 ≪真紅のトワイライト≫




 マシロの魔法が発動する。


 火属性の魔法が巨大な槍のように変化して迫り来る。




 ≪鬼神回教攻≫




 シン・シンラの魔法が発動する。


 彼女の背後に鬼神のヴィジョンが現れる。


 そして、鬼神は光り輝く球体を放った。




 ベルトは避ければアルデバランは死ぬ。


 だから彼は叫んだ。 


 頼れる相棒に助けを求めて――――




 「頼む! メイル!」


 「はい、兄さん」




 当たり前の事だが、ベルトは事前にメイルから保有スキルと保有魔法の説明を聞いてる。


 その中で防御系魔法を持っている事も知っていた。




 ≪不可侵なる壁ウォール・オブ・アンタッチャブル




 彼女は魔法名と共に杖をベルトに向ける。


 すると薄っすらと青く光る壁が現れる。


 頼りない、脆弱そうな壁だが――――




 ≪真紅のトワイライト≫


 ≪鬼神回教攻≫




 2人の魔法が直撃する。




 勇者パーティの後衛2人の魔法攻撃。


 おそらく、人類最強の魔法攻撃だ。


 しかし弾いてる。 脆弱そうな壁は2人の魔法を弾いていた。




 メイルの防御魔法 ≪不可侵なる壁≫




 それは短時間のみ全ての魔法を遮断する防御魔法。


 どれほど巨大で強烈な魔法であれ遮断する。ただし、短時間のみ……だ。




 「兄さん! あと5秒……魔法を維持できるのは5秒です!」




 いまだにマシロとシン・シンラの魔法は、小さな壁を破壊せんと押し寄せている。


 たとえ、5秒だけ耐えれたしても……


 逃げる事のできないベルトには僅かな延命にしかならならない。


 ……そのはずだ。しかし、ベルトは――――




 「あぁ、十分だ」と笑った。




 今まで素手だったはずの彼に武器が握られていた。


 それは、彼が勇者パーティから追放された日。


 友人アルデバランに送ったはずの武器だった。 




 『サウザンド・オブ・ダガー』




 暗殺者であるベルトは、あらゆる武器を使い、そして捨ててきた。


 だが、これは武器に愛着なき彼が唯一使い続けた武器の名前だ。


 そして、それが彼の手元に戻ってきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます