第11話 お洗濯!

 どてっ


「いった…」


 おはようございます。落ちました、ベッドから。そういえば、疲れすぎて真ん中まで行かずに寝てしまった気がする。昨日の舞踏会疲れたなぁ…。前世からの引きこもりにはつらい。


「お目覚めになりましたか?」


 扉の向こうからサフィの声がする。


「えぇ」


「失礼します。…また落ちたんですか?」


 サフィが私の様子を見て、若干呆れながら尋ねる。またって失礼ね。これで4回目よ。


「そうよ。疲れすぎて端で寝ていたわ…おはようサフィ」


「おはようございます」


 サフィによって着替え等の支度がなされる。相変わらず手際良すぎ。


「今日は何をされるんですか?」


「そうねぇ」


 どうしようかなぁ。舞踏会も終わったし、今日から立派な公爵夫人修行再開よね。


「今日は良い天気なのでお庭でも散歩しますか?」


「それよ!」


 良い天気!良い天気って言ったらあれしかなくない?そう!


「今日はお洗濯をしましょう!」


「あぁ…奥様…」


 そうそう、お洗濯も家事の1つだったわ。いけない、私としたことがすっかり忘れていた。


 支度も済み、朝ご飯も食べ、今私は洗濯スペースに来ていた。先にいた使用人さんたちが驚いているけど、気にしない気にしない。


「よーし、洗うわよ!」


「奥様…本当にするんですか…?」


「えぇ。これも立派な公爵夫人になるため」


 そういって洗濯物が入っている籠から一着取り出して、洗い場に座る。この服は昨日のドレスの下に来ていたやつかな?


 さて、どうしよう。そういえばこの世界には洗濯機なかったんだった。つまりは手洗い。手洗いってどうするんだろう?あ、前世で言う掃除終わった後の雑巾洗いみたいな感じ?確か、前世の記憶的に、みんな石鹸を雑巾につけて雑巾同士をこすり合わせていたような。ちなみに私は雑巾を洗ったことがない。そもそも雑巾がけさせてもらえなかったからなぁ。


 水の入った桶の中に服を入れ、石鹸をつけていく。結構大変だなぁ。


「奥様、こちらの液体石鹸を桶の中に垂らすんですよ…」


 え、液体石鹸?それもう石鹸じゃなくて洗剤じゃない!?というか、洗剤あるんだ…。


「あら、そうなの」


「はい。この石鹸は特に汚れが落ちない時に使用するものです」


「なるほどね。わかったわ」


 洗剤…じゃなかった、液体石鹸を桶に入れ、その中に服を入れる。そしてその服同士をこすり合わせる。こんな感じかな?


「奥様…奥様のお召し物がすごく濡れているんですがそれは…」


「え?…あ、本当だわ」


 サフィに言われて自分の今着ているワンピースを見ると、あちこち濡れていた。主に膝から下。洗濯ってこんなに濡れるのか…次から気を付けないと。


「…て、奥様。洗濯は使用人の仕事です」


「あら、そうなの」


 使用人の仕事だったのかぁ。それなら奪うわけにはいかないよね。


 …あれ?そういえば


「柔軟剤はつけないの?」


 確か前世の記憶的に、洗濯回す時に洗剤と柔軟剤を入れていたはず。前世の母がそうしていたからきっとそう。それにテレビのコマーシャルにも柔軟剤のやつがあったし。


「柔軟剤?」


 あ、この世界には柔軟剤ないんだ…。え、柔軟剤ってでも何だろう?いい匂いがするやつ?確か前世の記憶的に、クラスで持ち主のわからない体操服とかがあった時、この柔軟剤の匂いは〇〇君の!ってやっている人いたような。


「えーっと、服に匂いをつけるやつよ」


「服自体に、ですか?」


「そう。お洗濯をするときに一緒に良い匂いをつけるの」


 この世界には前世と同じように香水がある。だから皆香水をつけるため、服自体に匂いをつけるということは考えなかったんだろうなぁ。私はどちらかというと、香水より柔軟剤の匂いが好きだ。だって香水鼻にきついじゃない…。


「それは初めて聞きました。…ですが、面白そうですね。あとで執事長に話してみます」


「よろしくね」


 あれ、これ知識チートなのでは?前世の知識役に立ったのでは!?やったぁ、これこれ。こういうことをしていって、立派な公爵夫人になるわ。


 さて、次はどうしよう。洗濯し終わった服たちはどうしてたっけ?…そう、そうよ。


「次は洗濯物を干す作業ね!」


「奥様ぁ…」


 洗濯スペースを離れ、洗濯ものを干すところにくる。ちょうど今、他の使用人さんたちが干しているところだった。


「これを干せばいいのね」


 使用人さんから借りた籠を見る。中には洗濯したばかりの服が入っていた。


 さて、どう干すんだろう。前世の記憶的に…そうそう、確か前世の母はこのハンガーに服をかけていたわね。

 服を籠から取り出し、ハンガーにかける。この服、男性用ね…形的にたぶんルイド様のかな?お、これって公爵夫人っぽいんじゃない?


「奥様、干すときに皺を伸ばしてください…」


「そうなのね」


 皺を伸ばすってどうするんだろう?んん?


「こうするんですよ」


 困っていたのを見かねたサフィがお手本を見せてくれる。パタパタと洗濯物を振って、ハンガーにかけ、さらに細かい皺を手で伸ばす。

 ふむふむ、そうするのね。これでまたひとつ学べた。


 新しい洗濯物を取り、サフィの真似をしてパタパタ振る。ハンガーにかけ、細かい皺を伸ばす。うん、いいんじゃない?


「どうかしら?」


「良いと思いますよ」


 やったぁ、サフィに褒められた!この要領で籠に入った洗濯物を次々干していき、最後の服を干し終わったところでサフィが口を開く。


「…て、奥様。これも使用人の仕事です」


「あらそうなの」


 これもかぁ。使用人の仕事は奪えないなぁ。…次は何しよう?洗濯物畳み…は今干したばっかりだから無理だよね。だとすると何かあるかなぁ。


「他に何かあるかしら?」


「洗濯関係はもうないと思いますよ」


「そうよね。うーん…」


 どうしよう。これじゃ立派な公爵夫人になれないわ。困ったなぁ。


 あ、服と言えば、そういや前世の母がよく巾着とかポーチとかエプロンとかクッションカバーとか作っていたような。はっ、これも立派な公爵夫人になるために必要なことだよね!そう!


「次は裁縫をしましょう!」


「よかった…やっと奥様らしいことを…」


「まずは巾着ね!次にクッションカバー!」


「え、ちょっと奥様…?え!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る