小説で人を幸せにしろ

作者 ぷいゔぃとん

98

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

無意識のうちに、貴方のような作者様の心情を小説にしてしまいました(笑)
本エッセイに目を通してみたところ、『あれ?あいつ勝手に本から飛び出てエッセイ書いてたのかよ』と、そう思ってしまうほどに。

作者様に一言。
世の中には批判されたくても、その声すら届けて貰えない人もいます。批判は人気の裏返しなので。
だからこそ、これからどんな批判が来ても胸を張り続けてください。
誇ってください。
人から嫉妬を貰える人間って、この世で限られてますから。

あと。
アンチの多くは筆者の意見に耳を貸さないので、本作で道理を解いても無駄だと思います。

だからこそ『ご意見ありがとう御座います』とだけ言って、後はのほほんとブリーチでも読んでいれば良いと思います。または『絶えず自壊する泥の人形のようだな』とか返してみては?

アンチでストレスを溜めないよう、気を付けて下さいね。純粋に創作を楽しむその気持ちを、アンチに砕かれないで下さい。

★★★ Excellent!!!

ただ楽しく創作がしたかっただけなのに、注目を集めてしまった為にアンチの攻撃を受けることになってしまった作者さんの、率直な想いをつづったエッセイです。

私自身の感想を言わせてもらえば、このエッセイに限らず、作者さんの作り出す物語は大変ユニークで面白いものが多く、とても真似できないセンスは羨ましくもあります(笑)

しかしそんな羨ましいという気持ちが、嫉妬や妬みに変貌して不毛なアンチ行為に手を染める者も少なくないようで。

被害者であるからこそ語れる、アンチに狙われた戸惑いと恐れ。そこから得た気付きと学び。そして私たち読者へ向けた問いかけ。

WEB小説を読む、書く人々にとって、一見に値する内容となっております。

★★★ Excellent!!!

さすが、ぷいゔぃとんさん、エッセイも面白いですね。
アンチに攻撃された事がテーマなので、面白いなどと言うのは不謹慎かも知れません。
でも根底から、精神的余裕とサービス精神は失われていないと思い、流石と感じました。

で、ここにある嫉妬する側の心理や行動は私にもあると思います笑
ぷいゔぃとんさんに対して、ではないですがね。

そういう意味で、ひょっとしたら身につまされる気持ちになる方もいるかも知れません。

★★★ Excellent!!!

「web小説家」は、カクヨムをはじめとする投稿サイトに何がしかの文章を投げ込めば、誰でも名乗ることができる。

だが、果たしてそれは真に「創作者」なのか?

筆者は創作を楽しんでいた。
それが注目された途端、憂き目に遭う。なぜ、アンチ達は妬みを自分の作品に昇華出来なかったのか。

このエッセイはそれでも己を貫き、その結果筆者がどうなったかまでが描かれている。

タイトルが、筆者からのメッセージに他ならない。

個人的には……筆者の創作よりもエッセイ、随筆が素晴らしい輝きを放っている様に感じる。

ぜひ随筆家としてでも、早期の復活を望む。