第35話ファウ国へ

ファウ国はポタカ国王が治めている国で他には兵隊、兵隊長ニイラが居る国で兵隊長のニイラは毎日訓練内容を変えて訓練場で兵隊達を厳しく訓練している


ファウ国にはフニム城がありその中でポタカ国王や兵隊達が暮らしている


魔導剣士フユトはデルキ山岳地帯の出口からファウ国に入ってすぐの所の松の木の近くにベンチを見つけてそのベンチに座りカバンの中から地図を出して広げて見て次の目的地のその場所を確認した


次の目的地は東の大陸の中の村リアス村だ


リアス村に行くのは明日の朝に行くことにした


そう決めた魔導剣士フユトは地図を広げて見て宿屋の場所を確認した


宿屋の場所は左上のフニム城の右隣の訓練場の右下の城下町の八軒目にある事が分かった


魔導剣士フユトは地図をカバンになおして宿屋に向かって歩いていき宿屋に着いたので宿屋に入って宿屋の女将に質問した


フユト>>>>すみません

宿屋の女将>>>>ハイ、何ですか?

フユト>>>>一晩泊まりたいんですが空いてる部屋はありますか?

宿屋の女将>>>>一部屋なら空いてますよ

フユト>>>>その部屋に案内してください

宿屋の女将>>>>分かりました、その部屋に案内しますでついてきてください


宿屋の女将は魔導剣士フユトにそう言うと魔導剣士フユトは宿屋の女将についていき部屋に案内した


そして宿屋の女将は魔導剣士フユトにこう言った


宿屋の女将>>>>料理は後で持ってきます


そう言って宿屋の女将は後ろへ下がっていき魔導剣士フユトは宿屋の女将が後ろへ下がっていくのを確認して部屋に入ってドアを閉めて明日の事を確認した


フユト>>>>明日の朝に移動魔法ワープスを使って東の大陸の中の村リアス村に行きラステの家に向かおう


そう明日の事を決めた


宿屋の女将はドアを叩いてこう言った


宿屋の女将>>>>料理を持ってきました


そう宿屋の女将が言ったので魔導剣士フユトはドアを開けて宿屋の女将は料理を机の上に置き後ろへと下がっていくのを魔導剣士フユトは確認して椅子に座って料理を食べた後、魔導剣士フユトはベットの横にカバンと剣を置いてベットに寝て一晩過ごした

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます