第32話北の大陸の南のワスモ国へ

魔導剣士フユトは宿屋で一晩過ごして朝早くに目覚めてベットから出てベットの横に置いたカバンと剣を持ち宿屋から出てタシナ国の右下の城下町の右上の訓練場の左のタサム城の左上の船乗り場に向かっていきタシナ国の船乗り場に着くと数少ないタシナ国民がそこには居た

タルス船長が船のエンジンを斬り船の搭乗口のボタンを押して船の搭乗口の扉を開けて船から降りて来て数少ないタシナ国民を乗せた後魔導剣士フユトに近づいて来て声を掛けてきた


タルス船長>>>>君も乗るのか?

フユト>>>>あぁ、乗るぜ

タルス船長>>>>君の名は?

フユト>>>>フユト

タルス船長>>>>俺の名はタルス、よろしく

フユト>>>>よろしく

フユト>>>>タルス船長、聞きたい事があります

タルス船長>>>>何だ!?聞きたい事とは?

フユト>>>>この船で北の大陸の南のワルス国まで何分で行くんですか?

タルス船長>>>>30分だ、船の操縦室から何か珍しい生き物が居たら教えるから早く船に乗れ

フユト>>>>分かった


フユトはそういうと船に乗り右甲板の右の席に座った


そして魔導剣士フユトが乗った後、タルス船長も船に乗り船の搭乗口のボタンを押して船の搭乗口の扉を閉めて船のエンジンを掛けてこう言った


タルス船長>>>>船を出すぞ


そう言って汽笛を鳴らしてタシナ国の船乗り場から北の大陸の南のワスモ国に向けて船を出した


船が出て15分後、操縦室からタルス船長がこう言った


右甲板の右の海にセイウチが泳いでいるぞ


その声が聞こえた魔導剣士フユトは右甲板の席を離れて右の海を見た


そこにはセイウチの群れが泳いでいた


その光景を見た魔導剣士フユトはこう思った


フユト>>>>勇ましい姿だな


そして魔導剣士フユトは右甲板の右の席に戻って席に座った


10分後、操縦室からタルス船長がこう言った


左甲板の左の海にシャチが泳いでいる


その声が聞こえた魔導剣士フユトは右甲板の右の席を離れて左甲板の左の海を見た


そこにはシャチの群れが泳いでいた


魔導剣士フユトはその光景を見てこう思った


フユト>>>>逞しい姿だな


魔導剣士フユトは左甲板から右甲板の右の席に戻り席に座った


5分後、船は北の大陸のワスモ国の船着き場に着きタルス船長は船のエンジンを斬り搭乗口のボタンを押して搭乗口の扉を開けてタシム国民と魔導剣士フユトを降ろしてタルス船長も降りた


魔導剣士フユトはタルス船長に近づき声を掛けた


フユト>>>>タルス船長

タルス船長>>>>何だ!?フユト

フユト>>>>貴方のおかげで珍しい生き物を見る事ができました、短い間でしたが有難うございました

タルス船長>>>>いえいえ

フユト>>>>俺はもう行きます、タルス船長、お元気で!!

タルス船長>>>>あぁ、フユトも元気でな!!


魔導剣士フユトはワスモ国の船着き場でタルス船長と別れてワスモ国へ入って行った

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます