黒猫魔女の猫カフェ奮闘記

すすき 荻経

第1話 プロローグ

 この娘、少々抜けているのである。


「私、猫カフェを始めることにしました!」


 魔法学校の進路相談室――。シルヴェスが大真面目な顔でそう言うと、担任の魔女ルベルは心底呆れた表情を浮かべた。


「はあ……。あんたみたいに出来の悪い生徒もはじめてだけれど、あんたみたいに変わった進路を希望した生徒にも、これまで会ったことがないわ」


 ルベルは羊皮紙に羽ペンでメモを取る手を止め、お手上げとでも言うように、両手を上げて力なくうなだれた。


「すみません。十年も学校にいたのに猫に変身する魔法しか身に着けられなくて……」


「それはもういいわ。それより、『猫カフェ』? 一体どういうことなの?」


「それはですね」


 シルヴェスは手を口元に近づけると、小さく咳払いをして続ける。


「この国では、猫は魔女の使いとして、忌み嫌われ、迫害されています。そんな猫たちの復権のため、まずは猫と気軽に触れ合うことのできる猫カフェを開いて、猫のイメージを変えようと考えたんです」


 シルヴェスはきりりとした目をして言った。


「なるほど……。猫たちの復権、ね。あんたらしいと言えばらしいわ」


 ルベルは再びため息をつく。


「でもねえ、『猫カフェ』なんて、この国では聞いたこともないわよ? 嫌われ者の猫を集めて、果たして客が集まるのかしら? それに、そんな目立つことをしていたら、あなた自身が魔女狩りの標的になる危険だってあるのよ? あんた、身を守る魔法は何一つ使えないじゃない」


「大丈夫です。いざという時は、在学中に設立した、『魔法使い猫好きネットワーク』に助けてもらいます」


「何よ。そのバカげたネットワークは」


「バカげてないですよ。今年の卒業生にもメンバーは五十人近くいるんです。もふもふの力は偉大なんですよ」


 ルベルの呆れはここに来て頂点に達した。


「もう……。勝手にしなさい……」


「はい。頑張ります!」


 シルヴェスの顔がぱっと明るくなる。


 こんな調子で、彼女の進路相談はあっという間に終了したのであった。


「よし! やるぞ!」


 進路相談室から出たシルヴェスは、両手を握りしめ、やる気に満ちた表情でぐいっと顔を上げた。


 ポンコツ魔女の新人猫カフェ店主、シルヴェスの挑戦はこうして始まったのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます